農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



再度の修正

9月29日天気予報が大雨だったので、当然農作業が出来ないので、プチオフ会をしました。その時はラック下を除いて、タイルカーペットは外しました。小音量で聞いているときはそんなでも無かったのですが、少し音量を上げていったら、何となく音の出方が変なのです。二人の意見が一致したので間違いは無い筈です。

変な原因を色々調べて行ったら、中高域で音が硬い、低音がどうも出ていない、特にベースの胴鳴りが無くなっているようです。

そこで少しずつタイルカーペットを戻していくことにしました。一人でやると大変な作業なのですが、二人だと何とかなります。

案の上で少しずつ以前の音が戻ってきました。

再設定2

DS及びアンプ側は完全に元に戻りました。

再設定1

アナログ側はRADIKAL電源のみ、タイルカーペットを入れることにしました。

これでほぼ元に戻るだろうと思い、いつものマイルス・デイビス”We Want Miles”をかけたら、キンキンで落ち着いて聞いていられないのです。RIAAはほぼ問題なくなったので、何でコロンビアカーブが、今までだとダメなのか、これには少々参りました。

暫く色々かけて聞いていましたが、やはりイコライズカーブが適正では無いという事で、変更することにしました。今まではLow Limitt 50hz Turnover 390hz Roll Off 3.18khzでやっていたのですが、これをそれぞれ50hz、250hz、1.59khzに変更しました。

これでCD音源と比較しても、違和感は無くなりました。変更後のカーブは、E-2の取説に従いました。音が落ち着くには少し時間が必要ですが、これでもう大丈夫だと思います。

アンダンテラルゴのリジッドテーブルが、本来のバランスに戻したわけですから、我が家では劇的に効果があったという事なのだと思います。

6月28日から雨続きで、29日、30日にかけて、延べで140mm以上の雨が降りました。大豆の種まきをする予定の田は、全て代かきが出来るほども水が溜まってしまいました。しかも今週は雨が上がりそうも無く、最後のとどめに3日頃には台風崩れの低気圧が来そうです。

これで当分大豆は絶望的な状況です。せめてもサチユタカの種まきが終わったのが救いです。

水田は当分水をくれという人は出ないと思います。間断潅水中ですが、湛水状態が続いています。中干しの間は、掛け流し状態になるかも分かりません。

田面が充分に乾かないと、刈り取りの時コンバインがぬかるみにはまって、トラブルの原因になるし、刈り取りに時間が猛烈にかかります。水が無いのは最悪ですが、ありすぎるのも問題なのです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/999-0b70e67c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)