FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



プチ修正

フォノイコの下のCFRPボードとラックの間を、今まで使っていたタイルカーペットでは、音が鈍く聞こえていたので、厚さ0.6mmのフェルト生地を購入して張り替えた結果は、大きく音のバランスが変わること無く、思った方向に変化したので、それに気をよくして、ついでに余った生地をRADIKALの電源下のオールージュ製のボードも張り替えることにしました。

結果は更に良くなったのですが、フェルト生地とタイルカーペットでは、そう大きな変化はしないという事も分かりました。タイルカーペットはタダ単に敷くだけですが、フェルト生地は寸法を正確に計って、裁断しなければいけないので、結構面倒です。ボードへの貼り付けには、布用の両面テープを使いました。

普通の両面テープより少し薄いような気がします・・・測っていないので分かりません。

音質傾向としては、くっきりクリア方向に変化しますが、システムの状態によっては、音がきつく聞こえることもあるので、代えたら必ず良くなるとは限りません。

フェルトへの変更

こんな感じになりました。見た目には音が良くなるような気がするのは、タダのプラシーボ??

まあこれで止めておいても良かったのですが、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしは、過ぎてみないことには分からないという事で、デジタルの方にもやってみることにしました。

もう10年位グランデッザの下はタイルカーペットと決めていたのですが、これを変えてみようと思いました。変えるのは当然フェルト生地ですが、問題は厚さ何ミリが良いかです。散々悩んで1mmでやってみることにしました。

早速生地を手配して、ボードの大きさに合わせて生地をカット、両面テープで貼り付けました。

全体

結果がこれ、見た目には実にスッキリしました。音も思ったようにエネルギーバランスはほとんど変化せずに、少しくっきりクリア方向に振れました。タダ問題があって、この2台のラックはニスによるクリア塗装がされていて、そのニスにフェルトがくっついて、多分ですがフェルトが剥がせなくなると思われます。

置く前に薄地のフェルトを貼れば良かったかなと思ったのは、既に手遅れでこのまま据え置きになりそうです。

モノラル用のアンダンテラルゴの台は未だ到着しません。納期は1ヶ月なので、7月に入ってからになるかなと思います。

農業の方はやっとサチユタカ(大豆)の種まきが全て終わりました。7月からはフクユタカ(大豆)の種まきがまた始まります。合間を見ては草刈りもあるので、貧乏暇無しです。

オーディオは何をやっても音が変わるので、これからはそちらで楽しむことにします。

次の課題はラックの下をどうするか・・・・重いし面倒だし・・・・本音としては余り触りたくない。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/998-593ee92e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)