農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



6月12日田植えが終わりました

6月12日田植えが全て終わりました。同日JGAPの継続認証のための、審査が終わりました。ダメ出しがあった分は、期日までに改善報告を出した後、正式な認証証が発行されます。

今年のJGAPは2020年に開催される、オリンピックに合わせてGLOBAL GAPに追随する様に、内容がかなり追加されました。主眼点は、今までは生産者側できちんと管理されていたかのチェックだけだったのですが、改訂版の2016年版から、購入者側から見た見える化が要求されるようになりました。

普通の会社でしたら当たり前な、会社概要(本店所在地、代表電話番号、生産品目、どの工程においてGAPの認証を得たのか)等々の、文書化などです。税務上を除けば、ほとんど仲良し倶楽部的で、寄り合い所帯的な緩い法人組織だったものを、今度はまともな法人にしようという事なので、まあ当たり前と行ってしまえば、その通りなのです。

最大の問題は、GAPを取るために、膨大な手間と、コストをかけても、何の見返りも無いことです。工業製品を輸出をしようとすればISOが必要なように、農作物を輸出しようとすれば、GAPがあった方が有利なのですが、国内市場では全くと言って良いほど、市場性はありません。

唯一オリンピックの選手村に、食品を納入しようとすると、GLOBAL GAPの認証が無いと、オリンピック委員会が認めないので、大騒ぎをしているという事だけです。

ファーム上ゲはGAP(ギャップ)の認証もさることながら、それ以上にいつまでギブアップせずに農業を続けられるか、こちらの方が遙かに関心のレベルは高いです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/996-1654ba9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)