農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



久しぶりで最後のアナログアップグレード

ずっと以前から存在を知っていて、使えば便利なのは分かっていましたが、価格対効果の程が分からず、そのまま過ごしていました。しかしオーディオはボチボチ手じまいにしようと考え始めて、最後のアップグレードとして、やってみることにしました。

それはLP12の置き台です。メーカーはアンダンテラルゴ、製品はリジッドテーブルです。アンダンテラルゴの社長は、元LINNの日本で取り扱いをしていた法人におられた方で、LP12に関しては、プロ中のプロという方です。その方がLP12の専用の置き台として、リジッドテーブルを作られたわけですから、中途半端な製品では、ご本人が納得されないでしょう。

私はLP12の底板トランポリンは使っていません。使っていない理由は、音がこもって聞こえることと、下から手を入れてバネの調整をして、主にプラッター上の水平をきちんと出したいからです。

今まではLP12の木製外箱(プリンス)は、Sonoriteという革のインシュレーターで浮かしてあります。しかし高さ調整などは出来ませんから、下に様々な厚さのシムを用意して、高さ調整をしていました。当然シムの悪影響は分かっていましたが、水平の方が優先するので、目をつむっていたわけですが、ついにここに手を入れることにしました。

リジッドテーブル

高さ130mmのリジッドテーブルを使っています。これだと下から手を入れることが出来ます。90mmの方はちょっと無理ですね。

LP12専用受け台

LP12専用の受け台です。これにSonoriteを置いて、LP12を乗せています。取り付けはねじ込みなので、ネジ部にはスクアランスオイルを塗布しています。

トランポリンを使っておられる方は、この方法では乗せることが出来ません。標準の上板付きを購入しなければダメです。その場合は下から手を入れる必要が無いので、90mmの低い方が良いと思います。

下からのぞいたところ

LP12に底板を付けていないので、下から手を入れて、スプリングの調整が出来ます。

スパイク

スパイクとスパイク受けです。スパイクはバーを差し込む穴が開いているので、簡単に高さ調整が出来ます。私は今まで水平調整をするのに、1時間以上かかっていましたが、10分もかからずあっけなく出来てしまいました。こんな事だったら、もっと早く買っておけば良かったと、後悔しきりです。

今回はステレオ用に購入しましたが、うまくいったので、モノラル用も購入して、これでオーディオからは卒業出来そうです。

出てきた音には、本当に驚きました。先般導入したフォノイコE-2は、暖かくなるまでは音が出なくて、1時間位は我慢の子でした。それがのっけからばっちり出るようになったのです。最初の音が出たときは思わず、のけぞってしまいました。この違いは一体何なのだろうと、実に不思議でなりません。

シムが悪いのでしたら、ずっと悪くなければいけないのですが、そうはならないところが実に不思議です。それにしてもこのリジッドテーブル、LP12との相性は抜群で、再生音は安定していて、全く不安要素がありません。

ヤマト運輸の配達員から受け取ったときは、その余りの軽さに思わずエッと思ったのですが、今は納得です。本当に音楽の躍動感が出て、DSの後塵を拝し始めて、使用頻度が激減していたLP12が完全復活しました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント

音も然ることながら精神衛生上の効果も
大きいですねぇ👍

やはり機器に対する安心感(信頼感)が
モテないと安心して聴いてられないので^^
[2018/06/06 09:46] URL | woo1124 #amX3l5jU [ 編集 ]

WOOさん今晩は。

そうですね、安定感や信頼感は絶対ですね。

今日は時間が空いたので、ご近所の方をお呼びして、ミニオフ会をしましたが、

何をかけても、全く揺るがない音は誰が聞いても分かりますね。

まあタダ安いものでは無いので、どなたにでもお勧め出来るというわけにも

いかないとおもいます。

アンダンテラルゴのTMDは3ccタイプが発売されましたね。

税別で¥7,000だそうですから、これで買って試してみようという方が

増えるのではと思います。

白い方の液体も、単独で発売されます。
[2018/06/06 20:07] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]

ラックが重いと床からの振動周波数が下がり、LP-12の共振周波数に近くなるのでしょう。

LP-12のラックは軽いほど、良さそうですね。
軽いと素材の振動をどう抑えるかですが、
床からの振動はトランポリンなのかな。

私はLP-12のアップグレード時に、クライナのスパイクからトランポリンに変更しました。 スパイクを入れると床からの振動を拾うのかSNが下がる印象でした。
リビングなので家族が近くを歩くと針飛びを起こしている状態が改善して良かったです。
[2018/06/09 06:44] URL | シュタインメッツ #/zGwP9cg [ 編集 ]

シュタインメッツさん今晩は。

私も経験上大半の方は、トランポリンを使った方が、ハウリングを抑えることが出来るので

そちらの方が良いと思います。

アンダンテラルゴでも、LP12専用の受け金具はオプション扱いで、標準は上板付きです。

価格も安くはなりません。

トランポリンは、本当に良く出来た振動吸収装置だと思います。
[2018/06/09 18:46] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/995-c001336e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)