農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



4月10日オフ会をしました

4月10日オフ会をしました。メインはE-2を使った、フォノイコのカーブによる音の違いの確認です。実はその前に、小郡に車の修理に行ったついでに、防府にあるサウンドテックに行ってみました。マークレビンソンとJBLがコラボして作ったという、SPを聞くつもりだったのですが、SPは聞かずに、パワーアンプ用のバナナ端子を勧められて、購入してみることにしました。

注文したバナナ端子がオフ会の時到着して、早速交換してみることにしました。アンプはLINNのTWINをモノラル使用しているので、左用のアンプのみ交換して、モノラル音源をかけて、左右で音の違いを比較してみるという方法です。

テクダス空き箱

メーカーはTechDAS、品名はSuper BANANAです。

ダイアルを回すと、差し込むバナナの部分に、テーパーの棒が入っていて、テーパーの棒を移動することで、バナナを膨らませて、穴に固定するものです。実際の固定方法は簡単ですが、外すとき棒を移動させるのを忘れて、無理矢理抜こうとしたら、バナナの部分が折れることがあります。折れたらもう使い物になりません。

テクダス斜め下

バナナ端子を下から見たところです。ローレットが切ってあるねじを廻したら、バナナが固定されます。

テクダス斜め上

上から見たところです。SPケーブルは上又は下から穴に差し込んで、黒や赤に塗装されたねじを廻して固定します。2個のバナナの位置を固定するために、樹脂製の固定具が付属しています。

この固定具にM3X6のナベ小ネジで固定するのですが、付属しているネジが磁性体なので、出来れば非磁性体ネジに変えた方が良いと思います。

またSPケーブルを固定する方法が、ネジを締め込んで線を挟み込むようになっています。その時線を剪断するように力がかかります。なので細い線ですと、力をかけると簡単に切れてしまいます。縒り線は切れることはありませんが、何本かは線を潰してしまうので、何度も付け替えると、線が劣化すると思います。

少し太めの単線でしたら、傷は付きますが、これが一番向いているように思います。

表面はロジウムメッキがしてあります。特徴としてはハイスピードで高解像度です。私は少しの曖昧さが残る金メッキの方が好きなのですが、無いので仕方が無いです。

線を固定するとき、余り力を込めて無理矢理ねじを廻そうとすると、バナナ部分を折ってしまうので、何事も程ほどにが大事です。LINNのKLIMAX TWINは、狭いところに端子が押し込んであるので、端子の固定用の樹脂は、どちらか片方しか、付けられません。何もしないと、バナナ端子が回転してショートする可能性があるので、赤い方の回り止め用に、樹脂を固定してあります。

これがあると、樹脂がひさしの部分と干渉するので、回り止めになります。但し黒い方は何も無いので、取り扱いには注意が必要です。

オフ会の最初にバナナ端子を交換してしまったので、フォノイコの音はバナナ端子にかき消されてしまって、違いは今一良く分かりませんでした。ロジウムメッキが硬いので、慣らしには時間がかかると思います。

イコライザーカーブについては、特にマイルス・デイビスはコロンビア録音が多いので、違いが面白く聞けましたが、CDやSACDの音はどちらかというと、RIAAでの再生音に近いので、そちらが正しいのかも分かりません。

しかしコロンビアカーブで聞くと、演奏の生々しさはこちらの方が良いと感じます。まあ趣味の話ですから、どちらでもお好きな方でと言うことでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/992-73f5240e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)