FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スピーカーからの不要輻射

メインスピーカー、EXCLUSIVE2251に関して、未だ何か忘れていないかと、色々粗探しではありませんが、悪さ加減を考えていました。スピーカーの解像度の低下の最たる原因は、スピーカーケーブルを固定する、SP端子にあったわけで、これを銅製の高剛性の端子を製作して、交換したら見事に狙い通りになりました。

これをやったらもう再販はほとんど不可能になるので、迷いはあったのですが、結局は自分の誘惑に負けてやってしまったわけです。内部の端子も、同じ樹脂と鉄製の端子だったので、これもアルミ製のもっと単純構造で、剛性の高いものを製作して、交換しました。

お陰でアースのループというおまけまで付いてきてしまって、それに気がつくのにほぼ3年が経過しました。従来のSP端子は、外せなかったので、そのままずっと手つかずでいたのですが、端子が原因で音が悪かったと言う事は、当然端子台は不要振動していたはずだとハタと気がついた次第です。

実際に手で触ってみると、結構振動しています。しかしSPの後ろ側にあるわけだから、影響は少ないだろうと思っていましたが、どうせならと振動対策をやってみることにしました。

2251SP端子

前のブログでアップした端子台の写真です。特に黒いプラスチックの部分が振動しています。この部分に何か詰め物をして、蓋をすれば良いはずと、ホームセンタに何か素材を探しに行きました。

散々店中を探しまくって見つけたものが、ウレタン素材のスポンジです。これを適当な大きさに切って、端子台の部分は、スポンジに穴を開ければ良いわけで、蓋はずっと以前に購入して、音がデッドになりすぎて、使い道の無かったオトナシートを使って見ることにしました。

端子台の蓋

こんな感じで蓋をしてみました。

結果は自分でも驚くぐらい変わりました。SPの後ろの壁が、厚さ215mmもある天然木の集成材ですから、反射が効率的に行われていて、それが見事に音を濁していました。

なんとまあ清々しい音になったことか、自分でも呆れています。

これに気がついたのは、三菱の70周年記念で出した、新しいSPの評論家達の試聴記事を読んでいたからです。その時裏蓋の止めネジの鳴きを抑えるために、ネジの頭にフェルトの蓋をしていると書かれていました。

そこで2251の裏蓋を調べたら、写真の通りフェルトの蓋がしてあります。さすがだなと思って見ていたのですが、ふと端子台を見たらむき出しになっているわけです。これって絶対に振動しているよな、と言うところから気がついたわけです。

オーディオは悪さ加減の集大成、悪さ加減を少しでも減らせば、確実に音は良くなります。しかし瓢箪から駒、普段は全く気がつかないところに、大穴が開いている事に気がつかされました。未だ未だ探せばいくらでもあるでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/985-e100e9cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)