農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



2月24日にゃんす邸に行ってきました

2月24日東京都内のにゃんす邸を訪問してきました。昨年の11月に山口まで来られたので、そのお返しと言う事です。朝10時過ぎに最寄り駅で待ち合わせをして、そこからはTAXIです。

2ch system

家全体の大きさから見たら、かなり贅沢なオーディオ部屋です。昔はかなり開放的だったそうで、防音が全くされていなかったので、少し音量を上げても、周辺からクレームが出ていたそうです。今は少しは音量上げても、大丈夫な様にご自分で、リフォームされたそうです。

建築年数がそれなりにあるので、家の絶対的強度が不足している様に感じられます。特に床の弱さを感じました。この辺が普通の1戸建ての2階部分をオーディオ部屋にされている限界かなと思います。

にゃんすさんは体で感じる低音を出されたいというご希望なので、床の強度を上げる必要がありますが、そうなると大幅なリフォームが必要になり、結局は家の建て替えまで行ってしまう可能性が高くなります。

東京の場合は直下型地震がいつ起きてもおかしくないし、老後のことを考えるとオーディオばかりに投資するわけにも行かないでしょう。やはり何処かで妥協するのが、一番現実に合っている様に思います。

電源の一部

にゃんすさんは随分以前から、東京の電源事情の悪さを感じておられて、それへの投資が凄いです。今は専用に線を引き込まれていて、やっとまともになってきたと言う事です。

実際に聞いていても、私にはにゃんすさんがphilewebの日記に書かれているほど、悪いとは思えませんでした。充分に良いと思います。

上の写真を見て頂いたら分かりますが、にゃんすさんはずっと長い間、ビジュアルメインでやってこられました。その為にフロントSPの間にスクリーンが下りてくる関係で、左右のSPの間隔が非常に広いです。

また部屋の中間地点に欄間があって、それを境に前後の部屋で随分音が変わります。試聴ポイント位置が映像を見るために設定されているので、2chメインで聞く場合には後ろ過ぎます。

結果的に音の密度感が薄くなるので、音量を上げないと音圧を感じられなくなります。2ch音源をきちんと聞こうとした場合、SPの間隔をもっと狭くして、試聴ポイントをもっとSPに近づけたら、音量を上げること無く、音の密度を高く出来るので、にゃんすさんのご希望に近づけるのではと言うお話をしました。

その為にはSPの位置を移動させないといけなくなるので、床にタイルカーペットを敷いて、その上を滑らせる様にすれば、それ程大きな力を出さなくても、移動が可能になると思います。

内振りの角度を大きくすると、試聴ポイント位置が限られてしまうので、にゃんすさんも余りお好きでは無いように思います。SPを入れ替えれば又別の問題が出てきますし、今でもイコライズでかなり低音を絞っておられますから、余り変わらないような気もします。

色々書かせて頂きましたが、やはりビジュアルと、2chの両立は難しいなと感じました。

書くのを忘れてしまいましたが、私が訪問したとき、ルーターが直接テレガートナーのハブに刺さっていました。これをDELAのハブ付きNASに入れて、DELAに接続されていた、LINNのKLIMAX DSMをテレガートナーに入れ替えて頂きました。

入れ替えたとき、ルーターに接続されていたLANケーブルでは短くて届かないので、余っていたオーディオクエストのウォッカを使いました。まあ見事に音が鈍ったので、こりゃダメだなと思いにゃんすさんに話をしたところ、ルーターに接続している線が今までと違うからと言う事です。

私的には極めて疑問だったのですが、では替えてみましょうと言う事で、ルーターの位置を変えて、今までの線を接続してみたら、まあ何と驚く位音がスッキリはっきり、生々しくなったではありませんか。

だって音楽信号は一切流れてないLANケーブルですよ。何でこれで音が変わるのと、自分的には全く納得出来ないのですが、変わった事実は事実なので、認めざるを得ませんでした・・・・でも何で?・・・・未だに納得していません。

ちなみに替えたLANケーブルは銀メッキでは無く、銀線だそうです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/978-2e18f490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)