FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



アースのループ

今日はスピーカーのアースのループです。と言っても極めて個人的問題なので、今回の件は特殊なケースです。事の発端は防府のサウンドテックで先日あった、光城精工とSAECの試聴講演会での件です。

SAECさんだったかどうか記憶が曖昧なのですが、SP端子の中に、GND端子がある話をされました。最近のタンノイのSPシステムには装備される様になりましたという話から、何故あるのかと言う説明がありました。

理由はSPユニットのコイルに、交流電流が流れると、その誘導でSPユニットの金属ケースに、迷走電流が流れるので、それが音を悪くしていると言う事です。私が所有しているEXCLUSIVE2251には購入時点から(つまり20年以上前から)、その端子が付いていました。

しかしその端子が何故あるのかという説明は全く無く、単にGND端子はSPの-(マイナス)端子に、ショートさせて下さいという事が書いてあるだけです。理由は全く分からず、その通りにしていたのですが、その時の解説で20年目にして、やっと理由が分かった次第です。

だったらSP端子でショートさせているものを、切り離して、きちんと大地アースに落とせば、もっと良くなるのではと思い、接続しようとして、テスターでチェックしたら、どうもSPの中でショートしているようです。

SPユニットのネットワーク端子台が、磁性体だったので、それをアルミ化した自作台を作って配線したのですが、どうもその時内部ショートになった様です。

しかし今までの線はそのまま接続した状態にしてありました。そして昨晩アースの配線のことを色々考えている内に、もしかしたらアースがループになっているのでは、と突然気がつき外してみました。

何と外した途端に、SPから音が離れて、パッと広がったではありませんか。そのまま何曲か聞いていたら、今まで何て酷い音を聞いていたのかと、愕然としてしまいました。

ここ最近アースの配線の見直しをしていますが、前回のUPSのアース線、テレガートナーのアース線、そして今回のSPユニットといい、アースがここまで音質に影響していたなんて、全く知るよしも無く、これからも何が出てくるか、鬼が出るか蛇が出るか、やってみなければ分かりません。

アース線を2本平行配線するのも、結局アースのループになるからダメの様です。両端をショートさせているわけですから、電位は同じ筈なのですが、同じでは無いと言う事なのでしょう。どなたか合理的な説明があったら教えて頂きたいと思います。

この話はあくまで私が所有しているSPユニットでの話なので、ノーマルのユニットではショートさせて使って下さい。私が言いたいのは、アースのループはダメですと言うことなのですが、これ実は実態を知るのは結構大変で、使用機器のアースが機器内でどう配線されているかが分からないと、対処のしようがありませんし、機器内の配線は触ると、メーカー保証対象外になるので、リスクが伴います。

触らぬ神にたたり無しを決め込むか、出来る範囲で努力するか、.音質への影響は極めて大きいだけに困ります。

2251SP端子

参考までに2251のSP端子部分をアップしておきます。CGRと書いてある端子が、アース(GND)端子で、通常は-(マイナス)端子とショート線で接続します。私は今はこの端子を使っていません。

実はこのブログを書いた後、よく考えてみたら、アンプや入力機器は全て、電源は3Pコネクターで接続しています。つまりアースは全て分電盤で1カ所に集められています。そして信号系のアース(シールド部分)線は各機器に接続されています。つまりループになっているのですが、これの影響はどうなのでしょうか。

LINNは電源のアースを接続することが前提で、機器の設計がされています。この辺の矛盾が今一良く分からないくて、アースの問題にはずっと目をつむってきました。それがあって今回は思いっきり頭をどやされたのですが、かといって自分で納得出来ている話でもないのです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/976-f917a0d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)