FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



デジタルは弄りがいがありすぎ

アナログがすっかりご無沙汰になっていますが、LINNのKLIMAX DSの能力を出し切っていないと言う事で、色々見直しをしています。完成形は永久に来ないと思いますが、現状で出来ることを色々対策しています。

ネットワークオーディオもハブで音が変わるし、リッピングでも音が変わるし、NASでも音が変わると言う事で、今まで無視していたことや、知らなかったことが余りにも多すぎました。結局は経験則で色々やってみるしか無いと言う事だけは確かです。

最終的には音が良くなればそれで良いわけですが、良くしようとして対策すると、大体はこれがダメだから、機材を入れ替えようという発想になりがちです。しかし逆転の発想で、悪いところを少し改善して音が良くなれば、結果的には同じことになります。

悪いところを良くするというのは、何も機材を買い換える必要は無くて、ちょっとした工夫でいくらでも出来ます。問題は機材の中を変更するので、メーカー保証が無くなることです。

出来るだけ信頼の置けるメーカーの汎用品を使ってやれば、故障の確率はかなり減るので、リスクの減少にはなると思います。この辺の判断は使う方の自由ですし、高額な専用品を買ってメーカー仕様のまま使うのも、一つの方法です。

私の場合は、壊れたら自己責任なので、安全対策として、バックアップは出来るだけ完璧にと考えてやっています。

今回はNASの中の変更です。以前JS PCオーディオさんで、QNAP製NAS、HS-210のクロック交換をして頂きました。これだけでも音の分解能が少し上がったのですが、先日のhimaさん宅でのオフ会で、中のネジが全部磁性体ですよというご指摘を頂き、ハッとした次第です。

中を開けて調べたら、案の上で全て鉄製のネジでした。クロック交換でどうせメーカーの保証は無くなってしまったので、自分で交換することにしました。全てM3のネジです。一部導電性が必要なので、アルミのネジを使いました。アルミの電気抵抗は、チタンより1桁良いので、もし電気が流れることで、腐食が進まなければ、そのままアルミで使うことにして、3本をアルミとして、残りは全てチタンに変えました。

チタンは表面に酸化皮膜が出来ると、これが非常に安定していて、皮膜以上の腐食が進むことがありません。完全非磁性体と云うだけで無くて、安定した金属として、極めて使い勝手が良いと思っています。アルミがダメな場合は、またチタンに戻します。

それにしても何度も書いていますが、デジタルはアナログ以上に電源に敏感で、電源の仕様で音がコロコロ変わります。良くすれば良くしただけ、S/Nが良くなって、細かい音がドンドン聞こえてくる様になりますし、解像度も上がってきます。

電源電圧は全く変わっていないのに、音量が上がった様に聞こえることもあります。リニア電源も何でも良いわけでは無く、場合によっては、スイッチング電源の方が良いこともあります。

HS-210はこれから、JS PCオーディオさんに送って、プラスチックの筐体に、電磁波防止塗装をやってもらう予定です。効果は多分ネジをチタン化したときと同じ様な事が起きると思います。私の家では音の彫りが深くなって、より豊かな音が出る様になりました。

もう1台のTS-228は既に送ってあって、こちらはバラすのが面倒な構造なので、JS PCさんでネジの交換と、電磁波防止塗装をお願いしてあります。クロック交換は中を見てもらったら、交換するメリットが出せないと言う事で、止めることにしました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/974-f835f812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)