FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



1月9日オフ会をしました

1月9日地元の方1名の方とオフ会をしました。今回が初めて来られた方で、自宅の1部屋をオーディオ専用に当てられているそうです。部屋の図面を持ってこられたので、拝見させて頂きましたが、天井が僅かですが、傾斜天井になっていて、壁も元々の部屋の壁の内側に、更に傾斜壁を設置されています。

我が家と違って左右がほぼ対称になっています。違いは片側が窓になっていて、反対側がドアになっています。部屋に入ってこられた時の感想は、ライブな部屋ですねと言うことでした。来られた方のほとんどの方が、必ず言われるのが部屋の響きです。逆に言えばほとんどの方が、響きの少ない部屋におられると言うことなのだろうと思います。

部屋の響きが多すぎると、音量を上げた時、残響音で音楽にならなくなります。少ないと必要な音量を出そうとしたとき、音が吸収されて、アンプやSPに多大の負荷をかけることになります。

試聴ポイント位置での音圧をお聞きしたら、自宅では90~95dbと言うことでしたので、大体その程度の音圧で鳴らしたところ、自宅より遙かに音量が大きいと言う事でした。

測定器が違うからかということで、お互いの測定器で値を比較したら、ほとんど同じです。やはり人間が感じる音量は、測定器では測れない領域がありそうです。

以前バズケロさんのところで、猪俣猛の”ダイアローグ”というソフトをかけたとき、マッキンのパワーアンプのピークインジケーターが、度々点灯して、バズケロさんは心中穏やかでは無かったのだろうと思いますが、同じ聴感上の音量ですと、我が家のパワーアンプは、ほのかに暖まる程度なのです。

以前LINNの方から、TWINの冷却ファンが回るのですかという質問をされましたが、山口に帰ってから、今まで埼玉の時に比べれば、遙かに大音量ですが、一度も回ったことは無いのです。

埼玉時代の方が、パワーアンプの発熱もずっと多かったと思います。但しこれはアンプの設置環境を少し変えたので、単純比較は出来ません・・・・放熱の問題があるので。

やはり音量の問題は、部屋との関連性が極めて大きいのだと思います。

今回もまたロイ・ヘインズの”ロイ・ヘインズ・トリオ”をかけてみました。かなりの音量でかけても、SPはびくともしませんが、これも部屋との関連性が極めて高いのだと思いました。SPが丈夫だと言うより、恐らく普通の部屋で同じ体感音量を出したら、間違いなく壊れるだろうと思うからです。

意図してこの部屋を設計はしましたが、どうも想定外というより、想像もしていなかったことが随分あるようです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント

先日は、お邪魔させていただきありがとうございました。
お部屋での話し声の通りが非常に良かったです。また、静かな状態でも、こもった感じが無い事にも印象的でした。
部屋で話をさせていただいた段階で、音楽かけなくても良い音がすることが、予測できたのは面白い経験でした。
オーディオ行き着くところは部屋だということを改めて認識しました。

出す音量はともかく、暗騒音のレベルが下がらないと、どうしようも無い領域もあります。

中途半端にやると、結局よく分からずに右往左往する期間が長くなってしまう気がします。まあ、永遠に正解の出ない右往左往が楽しいのかもしれませんが・・・

さて、出てきた音についてですが、山田野案山子様の場合、目指しておられる方向性が明確ですので、楽しかったです。
圧倒的な音離れの良さでした。演奏をかぶりつきで聴きたいという思いが伝わってきました。このコンセプトの音で、これ以上の音を探すのは困難なのかもしれません。その代わりの手間も膨大に感じましたので、やはり情熱がなせる技と思わせられました。

また、お邪魔させて頂けましたら幸いに存じます。

寄るついでがありましたら、我が家にもお越しください。火曜日・水曜日は休みですので、家にいる事が多いです。情熱という意味では比較対象にはなりませんが、よろしければどうぞ。

[2018/01/10 12:01] URL | のぶたん #- [ 編集 ]

のぶたんさん今日は。昨日は遠路お越し頂き有り難うございます。

色々やっている内に今の音に、結果的になったという感じです。生の演奏でも出来るだけ前の席で聞いていますし

オーディオでは更に自分がマイクになった気分で、聞きたいと思っています。

どういう風に鳴らしたいかは、人それぞれですし、それがオーディオ装置で聴く音楽だと思います。

こちらに来られることがありましたら、いつでも歓迎です。

そちらへの訪問は、音楽が聞ける状態になりましたら、ご連絡下さい。時間を作って行きたいと思います。

部屋の問題は、作らないと分からない部分が多いのですが、普通の工務店で話して分かるところは

ほとんど皆無だと思います。

東京に行けば、需要もあるのでそれなりにあるのですが、地方では中々難しいと思います。

今週末に防府にあるサウンドテックが、工務店とタイアップして、音楽を聞くイベントをされるので

興味がある方は、行かれると良いと思います。詳細はサウンドテックのブログを見て下さい。

時々私の家に来られる方がDJをされます。
[2018/01/10 13:35] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/966-442e90f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)