FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



困った米国盤

1月8日、今日は未明から降り出した雨で、1日農作業はお休みです。天気予報で今日から暫く天気が悪くなりそうなので、急遽水田の荒起こしをすることにしました。

1月7日は自治会の初集会で、桜の木の防除、消火栓の見回り、公会堂及びその周辺の掃除です。終わった後は11時から新年会をします。7日に荒起こしをするために、6日は1日かけて水田の石拾いをしました。浅層暗渠(水田の下にパイプを埋めて、配水を良くする工事)の工事をしたとき、下に埋めてあった大きな石が表面に出てきたため、それがあるとトラクタや田植機、コンバインを壊す原因になります。

その為に水田の中を歩き回って石を拾って、山に捨てに行きます。もうこれで足かけ3年やっていますが、トラクタで掘り返す度に石が出てきます。でも流石に3年経って大分少なくなってきましたが、仕事としては筋トレと同じで、終わった後体中が痛くなります。

7日は自治会の仕事の合間に、トラクタで荒起こしをしました。全8筆の内一番手のかかる、いつも水浸しの2筆を最初に片付けたので、残り時間が少なくなり、3筆が残っています。天気が続く日を狙って再開です。

9日は地元の方とオフ会をするので、その準備をしました。NASの電源の大地接地線を、根岸電線のシールド線から、ジャパン・ファイン・スチールのSPケーブルに代えて、早速の音出しを7日の夜にしましたが、最初は低域も、高域も全く出なくて、失敗したかなと思いましたが、2日間電源を落としていたので、暫く我慢して聞いていました。

段々いつもの音が戻ってきたので、くたびれ果てたこともあってさっさと寝ることにしました。

8日朝アナログチェックと言う事で、最初にコルトレーンの、バードランドでのライブ演奏をかけてみました。最初は予想通りの寝ぼけた音で全然ダメでしたが、少しずつ良くなってきて、何かおかしいと気づきました。

いつもはコルトレーンが左、エルビン・ジョーンズが右なのですが、逆なのですね。これはてっきりコネクタ洗浄後に、間違えて配線したかなと、チェックを何度もしまたが、間違えていないのですね。

live at birdland

写りはちょっと悪いですが、1997年のアメリカMCAのLP盤です。勿論再発売盤です。

同じCDをかけたらしっかり、コルトレーンは左にいます。確認のため他のコルトレーンのLP盤をかけたら、やはり左にいます。早い話がカッティングの時左右を逆にしただけという、完全な凡ミスです。米国盤はどうもこういうのが時々あります。

フォノ回路を左右入れ替えて再生すれば済む話ですが、一々そんなことはやっていられないので、変だなと思いながら聞くことになります。

今までは圧倒的アナログ優位でしたが、接地線のちょっとした事で、差がほとんど無くなってしまいました。これでまたデジタルの深みにはまらない様に、自重しなければ・・・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/965-b708ec37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)