農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



アースの難しさ

UPSの3端子電源ソケットの接地回路に、NASのリニア電源のボディーをアースとして接続したら、音が悪くなったので外したのですが、直に分電盤の接地回路に接続したら、音が良くなったので、接地回路はもしかしたら、基板のグランド回路とは別にした方が良いのではと思い、実験してみることにしました。

やったのはUPSの電源に接続している接地線を外してみました。つまりUPSの接地回路を浮かせたわけです。音を出して確認したら、気のせいか良くなった様な感じです。確認のためUPS電源の接地線を、分電盤の接地回路に繋げたり、外したりをしてみたら、音量が変わるのですね。約1.5db位でしょうか。

もうここまで来たら呆れるしか無いです。だったらUPSの内部回路がどうなっているか確認してみることにしました。電源の接地回路に、基板のグランド回路が接続されています。これを外してみました。

その後外したNASの電源箱のボディーのアース線を接続して、早速の音出しです。最初は高域が上滑っていて、バランスが悪かったのですが、段々良くなってきて、もう元には戻せなくなりました。

日本の電源事情は、基本が2Pですから、接地線はコンセントにありません。従って機器類は全て回路上のグラウンドが、筐体に1点で接続されています。そうしないと人が筐体に触ったとき、大きなハム音が出るからですが、これをそのままにして、3P線でボディーを接地させたら、音が良くなるわけでは無いことが判明しました。

やってみなければ分からない、が正しいと思います。仮想アースでも複数の機器を、1カ所に接続するのも余り好ましいとは言えないと思います。

ブログを書いているうちでも、音が変化しています。今までいかになまくらな音を聞いていたのか、知らなかった事とは言え、遠方から来られた方には、大変失礼をしました。分電盤はアナログも共通なので、影響は出ていたと思いますが、未だ未確認です。

今は未だ電源ケーブルのシールド線を、NASの電源の接地線として使っていますが、ジャパン・ファイン・スチールのSPケーブルに、接地線を付け替えたらどうなるか、多分独立させた方が良いのでは、と思っています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/964-03bd8c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)