農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



アースの取り方で音が変わる?

昨年末製作したNAS用の、リニア電源箱は今まで大地アースから見た時、電気的には接続しておらず、浮かせた状態で使っていました。テレガートナー製のハブのボディーを、大地アースに落としたら、音が良くなったので、NASの電源も変わるだろうと思い、早速実験してみることにしました。

取りあえずは手軽にと言うことで、電源ケーブルのシールド線が、アースになっているので接続して見ました。接続方法は、電源ソケットのアース端子の線を、リニア電源のボディーに接続するだけです。

早速音だし・・・・・ン何かおかしい・・・・・音の見通しが悪い、それもちょっとなんてレベルでは無く、極端にという感じ。暫く黙ってソフトを代えたりしながら聴いていましたが、やっぱりこれはダメと結論を出しました。

何故ダメなのかを確かめるために、UPSを通さずに、分電盤から直に出ている電源ケーブルと接続したら、まあこれの凄いこと、NASのリニア電源のボディーには、一切の電気的な接続はしていないので、単にアースラインがUPSを通っただけで、ここまで悪くなるかと言う位違いました。

アースの問題はやはり難しいですね。しかしボディーは大地アースに落とした方が良いので、電源では無くテレガートナーと同様に、別回路で接続することにします。線はジャパンファインスチール製のSPケーブルが良かったので、使って見ようと思います。

電源ラインもUPSを通さない方が良いのは確認しましたが、停電したときNASが稼働していたら、データ毎吹き飛んでしまうので、危なくて外せません。しかしこれでUPSで音が変わることが判明したので、どうしたものかなです。

最近燐酸鉄リチウムイオン電池が、電気自動車用に大量生産される様になり、価格も下がってきています。これだと最初から出力がDC12.8Vなので、リニア電源が不要になります。

12V 1Aを15時間使うと180VAH、満充電では使えないし、100%放電も出来ないので、使用率を50%とすると180*2*2台分なので720VAHのバッテリーが必要になります、これに充電器が必要になります、電気代が惜しければ、太陽光発電による充電も出来ます・・・・・まあその内にと言う事で。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/963-ade7a28f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)