FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



SPの接点クリーニング

Exclusive2251の接点クリーニングですが、内部の接点の多さに遂にギブアップをしました。今回やったのはSPの内部の線と、外部の線をつなぐソケット端子と、ウーファー及びスコーカーの内部端子です。

LCRネットワークの端子は、余りにも多くの圧着端子が使われていて、やったら効果があるだろうなとは思いつつ、不自然な姿勢を長時間とり続けなければいけない・・・・ネットワーク基板は接着剤で固定されているので、外せないため・・・・ことがあり諦めました。

しかしここの接点数は比較にならない位多いので、これをやらなければ、ほとんど意味が無いのではと思います。

まあ中途半端は諦めることにして、取りあえずSPの接点磨きは丸1日で終わらせることにしました。翌日組んだSPのセット調整をや始めたのですが、最初にロイ・ヘインズを聞いたら、ラディックのドラムセットの音が、本来なら乾いたパーンという感じにならないといけないのが、湿度99%の湿った音にしか聞こえません。

スコーカーを組んだときに、本当はSPを寝かせてセットしなければいけないのを、立てたままでやったので、ドライバーを固定する楔が中途半端に刺さっているためです。やっぱりダメかと言うことで、再度バラして今度は寝かせてセットです。しかし重いから寝かせたり、立てたり運んだりが大変なのです。

やっとの思いでセットしてさあ音だし・・・・まあ何とか音が出たからいいやと言う事で、今度はプリアンプと、DSの接点磨きをしました。遅くなったので寝ようとして、パワーアンプのスイッチの左側を切ったとき、右側の音がこもっている・・・・どうもスコーカーから音が出ていないことが判明。

翌朝起きてテスターで測ったら、何とスコーカーの抵抗値がMΩオーダーなのです。通常はKΩなので、配線を間違えたか、接続していないかのどちらかです。

仕方が無いので、再度右側のウーファーを外して、内部配線を全部チェック、暗いところで作業していたので、Y型端子を差し込んだとき、間に挟まってはいけないワッシャが挟まっていて、これが邪魔をしていたことが判明、なんだかんだと丸2日とちょっとかかって、やっとまともに音が出る様になりました。

これでDS、プリ、パワーと、中途半端ながらもSPと終わった時点での音ですが、何となくクリアになったのかな、散々苦労したのでプラシーボ効果が90%のような気もしなくもありません。

後残りはアナログ系と、NASの周辺機材と、内部接点があります。TMDの液は残っているので、最後までやりますが、労多くして本当に聞いて分かる様な効果があるのかなと、これも自己満足の世界でしょうね。

2日にお客さんが来られるので、その時にでも確認してみようかと思いますが、その時にはNASの電源箱もセットが終わっているし、Gold Switchもリニア電源に変わっているし、良く分からないと思います。

今日は加工済みのアルミ板が到着と、スフォルツアートから電源が戻ってきます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/960-39fab21f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)