農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



こんなので音が変わるとは!

NAS用のリニア電源の、電源BOXが年末には着きそうなので、その為の準備としてDCケーブルを新調しようと思いました。

DCコネクターとしては、オヤイデ電気製のコネクターとすることにしました。1個が¥600程度のものです。外形5.5mm、内径2.5mmです。

電源ケーブルとして、出来ればPC-Triple Cが使いたかったのですが、製品としてあるものは、インターコネクトケーブルか、SPケーブル、後はAC電源ケーブルです。

私的にはAC電源ケーブルは、太すぎてDCプラグに半田付け出来ない、インターコネクトケーブルは高価すぎて使えない、SPケーブルは帯に短し、たすきに長しで使いにくい、で丁度良いものがありません。

仕方が無いので、オヤイデ電気で販売している、ヘッドフォン用のケーブルが安かったので、注文してみました。到着して見たら線が細いなー、とは思いましたが1Aも流れないから良いかと思い、早速DCプラグに半田付けして使って見ました。

電源スイッチを押したらNASが起動したので、問題ないかと思っていました。そうしたところ、いつまで経ってもKAZOOがNASを認識しません。おかしいなと言う事で、PCを立ち上げてQNAP Finderを立ち上げたら、何とステータスが?になっているではありませんか。

線が細くて電圧降下が大きく、起動はしたものの、認識出来るレベルに無いと言うことです。やっぱりダメかと言う事で、今まで使っていた線に付け替えることにしました。

今まで使っていたDCコネクタ

線を切ってありますが、こちらが今まで使っていたDCプラグです。多分ですが、真鍮製ニッケルメッキだと思います。カバーは樹脂製です。

オヤイデ電気製DCコネクタ

テレガートナー製のRJ45 LAN端子の下のプラグが、オヤイデ電気製のDCプラグです。素材は不明ですが、一応金メッキが施されています。結構がっちりしていて、ガタはありません。

NASの電源用の端子ですから、こんなので音が変わるわけは無いだろうと、今までは安いプラグを使っていました。今回の交換は、それ程期待していた訳ではありません。今までのプラグの樹脂カバーが小さく、かなり窮屈な状態だったので、その内に事故を起こす可能性があったので、用心して交換をすることにしました。

そして音を出してみて、何だか音がきつくなった様な気がしました。最初は気のせいかと思っていましたが、何曲か聞いているうちにどうも音の出方が、かなり変わったのだと気がつきました。

樹脂カバーの少し曖昧だった音の稜線が、背景に対してくっきりクリアになった感じです。エッジが立ったのだろうと思います。それにしても、NASの電源用のプラグで音が変わるなんて、考えてもいませんでした。

オーディオは何でもありで、何をやっても音が変わるのですが、何でもありすぎるのは困ったものです。立ちすぎたエッジは、時間とともに少しずつ丸くなっていくと思いますが、元に戻すのはもの凄く大変なので、このまま使うしか有りません。

植木等のスーダラ節、その内何とかなるだろう・・・・・って・・・・・

農業の方は、12月14日午前中で大豆の選粒が全て終わりました。選粒した結果は、反収で1.5俵弱です。目標の半分ですが、それでも無事に終わって、ほっとしています。

反収が悪い最大の原因は雑草です。牛糞堆肥を入れなければ雑草もここまで酷くはならなかったのですが、もう今更止めても、既に大量の雑草の種が落ちているので、雑草は今後もずっと生え続けます。

毎年人力で雑草抜きをしていますが、引退する人が出て、人数が減ったら出来ません。除草剤が使える、遺伝子組み換えの大豆を食べたくは無いのですが、世界的に見れば遺伝子組み換えで無い大豆を作っている国は、レア中のレアな存在になっています。

日本の大豆をいつまで食べることが出来ますかね。輸入大豆に対して、国産大豆は3倍以上します。しかし作っている方は大赤字です。補助金が無くなれば、現状だと国産大豆はほぼ全滅になります。国産大豆の用途は、一番多いのが地場産の豆腐、後は納豆、味噌、醤油です。大量生産が出来ないので、一部の地域でしか手に入りません。

生産者がいなくなると、この様な地場産業も続かなくなっていきます。暗い話ばかりしていても仕方が無いので、凄い話も書きますと、広島県の中山間で、年商1億やっているスーパー農業者がいます。ミシュランの三つ星レストラン向けに野菜を作っている農家です。

一般向けは一切やっていないそうです。引き合いあまたで、生産が間に合わないので、取引をしたくても出来ないレストランが、たくさんあるそうです。相手が欲しいものを、自分が売りたい価格で売る、商売の王道ですが、誰でも出来る話では無いところがみそです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/955-93294bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)