FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



今日は思いっきり焦りました

私のメイン機材であるアナログプレーヤー、LP12 STEREO仕様の方ですが、今日久しぶりに聞いてみようと思い、プレーヤー上にあるモーター起動スイッチを押したところ、何かグニャッとした感触で、いくら押してもモーターが起動しません。

そんなバカなと、何せ先月まで何の問題も無く動いていたし、電源ランプは点灯したままです・・・・電源をOFFするスイッチが無いので、365日モーター電源はONしっぱなしです。

イヤーもの凄く焦りましたね。これ故障したらちょっと大変なんてものではありません。LP12本体毎LINN送りなんて事になったら、送るだけでも半端なことにはならないからです。

モーター起動スイッチの、押したときの感触が、何かグニャッとしていて、いつものカチッと音がして、小気味よくモーターが回るのと、全く違うので、何かおかしいと何度も押していたら、ついにカチッと音がして、モーターが回り始めました。

考えてみれば11月の最後のオフ会をやった後、LP12は廻していなかったなーと思い出し、LP12がついにへそを曲げたわけです。早速サラ・ブライトマンの”ファントム・オブ・ジ・オペラ”をかけたのですが、音が硬いこと。全くのキンコンカンの石をたたく様な音が出ています。

部屋はそれ程冷えてはいないのですが、湿度が50%しかなく、ダンパーゴムが硬化したのだろうと思います。

販売店の方から、スフォルツアートの方に連絡を取って頂き、DCの電線を交換することになりそうです。今日ダメな方のケーブルを送りました。

NAS用のリニア電源の箱の設計が終わり、3カ所に見積もり依頼をしましたが、結局いつもお世話になっている、小池製作所さんから見積もりが直ぐに出てきました。小池さんは個人向けのアルミ加工を専門にやっています。図面が正確でしたら、直ぐに返事を頂けます。

アルミブロックから、中を削って作ろうかと思いましたが、加工に時間がかかるので、加工賃だけでも1桁万では無理だろうと思い、6mm厚のアルミ板を加工することにしました。

アコリバの電源ほどではありませんが、普通のDC電源としてみれば、べらぼうな金額になりました。正月までには加工が完了して送って頂ける予定です。

普通のアルミ箱の板厚は1mm以下ですから、6mmがどれくらい異常か、まあどうせやるなら、市販品では出来ないことをが、アマチュア精神です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/954-1881b41a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)