FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スフォルツアートの電源、再度の不具合

日本テレガートナー製のスイッチングハブ、M12 Gold Switchに使っている、スフォルツアート(アコリバ)の電源に再度の不具合が出ました。

電源はONしているのですが、ハブの方の電源ランプが点灯しません。当然の事ながらハブも動作しません。最初はまたショートしたのかと思い、今度は自分でテスターで測ってみましたが、ショートはしていませんでした。

そこで線の半田が不良なのかと思い、導通テストをしましたが、全く問題ありません。線のM12側コネクターに電圧が出ていないのかと思い、テスターで測りましたが、全く問題ありません。

そこで再度接続して見たら、一瞬導通しましたが、再び電源ランプが消えてしまいました。ハブが不良かと思い、標準の電源に戻したところ、全く問題なく動作します。

結論はM12コネクターの、本体側雄端子と、電線側の雌端子の接触不良だと結論を付けました。多分雌端子側の穴が大きすぎて、十分にくわえないからだと思います。

一応スフォルツアートの方にメールを送って、M12端子の交換を依頼しました。返事次第で本体毎送るか、DCケーブルだけ送るか、決めたいと思います。

12月20日オフ会をする予定なので、果たしてそれに間に合うかどうか、テレガートナーの純正のM12コネクターは、納期がかかりそうなので、来年になりそうな気がします。

それにしても、スフォルツアートの電源で慣れてしまった耳には、標準電源の音が何となく、薄く感じられて仕方がありません。低音の解像度が高く、より低い音がきちんと聞こえることが、音楽全体に与える影響がこれほど重要だとは・・・戻ってくるまでは我慢我慢・・・でも直ぐに慣れてしまうでしょう。

アコリバが電源の製造をしないので、ついにスフォルツアートが自前で作ってしまいましたね。アコリバは電源BOXからの出口が、3Pのメタルコネクターですが、スフォルツアートは直出しになりました。レギュレーターの基準電圧も、乾電池から半導体に変わったものと思われます。

果たして出てくる音はどう違うのでしょうか。価格は同じ様です。筐体も変わりましたね。電源は使用環境で、全く違った印象になるので、聞き比べをしても参考にならないと思います。

明日(12/7)はJGAPの継続認証のための審査があります。朝8時から始まって、お昼には終わると思います。10日(日曜)は今年最後の年末墓掃除をします。

DISCOGSでエリントンの、オリジナルアナログLPを購入したのですが、10月21日に成田空港に着いたまま行方不明となりました。通関処理に時間がかかっているのかと思い、ずっと待っていましたが全くの音沙汰無しで、調べることにしました。

調査依頼書を郵便局からもらって、書き込みが終わったら再提出します。アメリカから送る場合は、USA POST OFFICEから、送り状番号が発行されます。その番号が分からないと、追跡が出来ません。番号は連絡をもらったので、差出人の名前と、住所と、電話番号を問い合わせ中です。

DISCOGSでは全てニックネームですから、正式なものは差出人から連絡をもらわないと、郵便局で問い合わせが出来ません。¥1000程のLPで面倒なことになりましたが、初めてのことなのでどうなるか、やれるだけのことはやってみようと思っています。

アメリカに送るメールは全て、当然の事ながら英語なのですが、今はインターネット等で簡単に翻訳が、無料で出来る様になりました。便利にはなりましたが、当然監視されているでしょう。まあ見られたところでどうって事も無いので、無視します。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/952-087c77b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)