農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



12月3日の日記

昨日にゃんすさんからメールを頂き、スフォルツアートの電源に使っている、基準電圧用の乾電池を替えたら、音が変わるそうです、と言うご連絡を頂きました。

標準で付属してきたのは、パナソニック製のエボルタという単3の乾電池が2本です。それをもう少し強力にしたエボルタNEOにしたら、と言うことです。

ダメ元なので早速買って交換してみることにしました。家に持って帰って早速交換したのですが・・・・・・ウーーーーン、何とも微妙で正直良く分かりません。

まあでも悪くなることは無いし、寿命もより長くなるので、そのまま使うことにしました。

12月3日防府のサウンドテックで、アコリバのデモンストレーションがあると言うことなので、早速行ってみることにしました。今回のデモは少し異例で、説明はアコリバの方では無く、オーディオ・ルポライターをやっておられる、女性の方がほとんど説明をされました。

正直技術的な質問をしても、答えを期待してはいけないので、実際に音楽を少しの間聞いてもらって、その印象を女性の方が説明するという流れです。

一般的に男性より、女性の方が耳が良いので、違いは女性の方が良く分かると思いますが、何となく昔のオーディオショーで、ウグイス嬢がしゃべっていたことを思い出してしまいました。

男性の説明員が来ると、ご本人がオーディオが好きで、好きでたまらなくて、仕事と趣味が一緒になっている様な人が来ます。そういう人の説明は、大体マニアの心をくすぐる様なところがあるのですが、女性がしゃべるとどうも、教科書を読んでいる様に感じてしまうのは、私の勘ぐりすぎ??。

説明の流れは、最初に音響パネルからです。音響拡散パネルの有る無しの比較からですが、オーディオ店は多くのSPが置いてあるので、音響拡散パネルの有る無しの違いは良く分かります。

次にテーブルタップを含めた、電源ケーブルの違いですが、これはメーカーの標準ケーブルとの比較なので、代えれば違いは直ぐに分かります。

次はインターコネクトケーブルと、スピーカーケーブルです。今のアコリバのケーブルの芯線は全て、トリプルCと言う線を使っています。被覆は全てテフロンです。芯線は単線仕様です。

システム

今回使用したシステムです。アナログプレーヤーは使いませんでした。

使用した機材

デモで使用した機材です。総額は軽く数百万です。

その後アンダーボード、インシュレーター、電源用のノイズ除去機材等、使えばこれだけ良くなりますという、音楽を聞きながらの説明でした。アコリバは実際に使用して、自宅でそれが効果があるのか、無いのか検証出来ますから、興味がある方は依頼されたら良いと思います。

但し安いものは無いので、買うとなればそれなりの出費は覚悟が必要です。

アコリバのデモが始まる前に、新型のカートリッジを聴かせて頂きました。Philewebの記事にもあった、青龍と朱雀というカートリッジです。

青龍

音を聞かせて頂いた青龍です。

朱雀

無造作に転がしてありますが、こちらは1個百万の朱雀です。グラムの単価にしたら、純金の20倍以上です。

このカートの特徴は、針交換が出来ることです。今回はちょっと本調子では無かったので、試聴会での使用は無しになりました。

青龍はもうすぐ値上げになって、75万になるそうです。日本より海外での反響の方が凄いようです。高級カートの生産は、ほとんどが日本製です。作っておられる方も農業と同じで、ドンドン高齢化が進んでいます。いつまで続けられるのか、神のみぞ知るです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/951-5357d03f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)