農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



アクセサリーは難しい

テレガートナーに使用しているアース線ですが、ネジと丸形圧着端子を交換して、アース線も新品の普通の¥60/mで売っている、ビニール線を使っていました。

アース線やネジ、圧着端子で音が変わるのであればと、某メーカーのSPケーブルを、使ってみることにしました。メーカー名を書かないのは、結果がダメだったからです。

見事に低域も高域も出なくなりました。それにしても、アース線の構造や、材質を代えたら何故音が変わるのか、これも全く説明の付かないことです。テレガートナーのボディーは、内部の配線とは全くつながっていません。従ってアース線に信号が流れている可能性はゼロです。

写真を載せると、メーカー名が分かってしまうので、載せません。

この様なちょっとしたアクセサリーで音が変わる時、一番難しいのは、自分が使ってダメだったことが、他の方が使ってダメと言う事には、ならないことです。全く逆の結果が出ることも良くあります。インターネットでの評価の判断も難しいですね。単価が安ければダメ元ですが、高いものはそうはいかないですしね。

やはり自分が何をどうしたいのか、目的がはっきりしていて、材質や構造をよく考えた上で、自分の目的に合致しているか、よく考えた上で、最後はやってみなければ分からないです。

ダメだったとしても自己責任ですし、何故ダメなのか考えれば、それが自分の使う上でのノウハウになります。

それにしてもテレガートナーのスイッチングハブ、何でアース線を代えたら、音が変わるのでしょうか・・・・実に不思議です。

明日(16日)から大豆のフクユタカを刈り取る作業が始まります。昨年はサチユタカとフクユタカ、全部で6町植えて、採れたのが全部でコンテナ3杯分と散々な結果でした。今年はサチユタカを3町2反刈って、採れたのがコンテナ5杯です。未だ3町6反残っています。

最後は選粒して売れるものがどれほど採れるか、米国の農家は大豆を大体反収5俵ほど採るそうです。日本でも北海道の方は反収4俵から5俵採ります。ファーム上ゲでは3俵も採れたら御の字です。難しいのは大豆の実が茎の下の方に付いているので、コンバインで刈ると、実がたくさん付いた部分を刈り取れないことです。

土壌が粘土質なので、畝立てをすると、畝の表面が凸凹になって、コンバインで刈り取りにくいのが最大の問題です。コンバインは真っ直ぐには刈れますが、表面の凸凹に合わせて、刈刃を自動で上下出来ないからです。センサを付けら出来そうですが、泥が付いて汚れたら、使い物にならなくなります。また2条刈りですが、2条の高さが左右違うのも、問題を難しくしています。

もう一つは水はけの問題です。水路が古くて、昔の施工なので、水がザザ漏れ状態で、水路の下をくぐって、圃場に流れ込みます。雑草が多い理由の一つでもあります。

関東の農家の様に、圃場に配管がしてあって、蛇口をひねればいつでも水が入る様になれば、かなりの問題は解決します。労多くして問題だらけです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/944-075b8386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)