農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



Gold Switchのアース端子交換

11月4日こちらに来られたニャンスさんから、テレガートナーのおまけで付いているアース端子を、フルテックのロジウムメッキの端子に変えたら、驚くほど音が変わりますよと言われて、正直話半分に聞いていました(ニャンスさんごめんなさい)。

昨日モノラルカートリッジのリード線を代えて良くなったので、急にテレガートナーのアース端子を代えてみる気になりました。ロジウムメッキは余り気乗りしなかったので、普通の丸形圧着端子の、メッキをヤスリで削り取って、ネジも標準品では無く、M4x6mmのチタンネジに代えました。

アース端子

見た目はほとんど変化無しですが、音は出た瞬間で違いが分かり、しばし唖然。アース線も今までは、手持ちの古い線を使っていたので導体が真っ黒けでした。端子で音が変わるならと、早速ホームセンターに行って、新しいのを買ってきて全取り替えをしました。

結果はやはり手を抜くなです。石川鷹彦のギターの音がより深くなり、自分の耳がマイクになった気分です。S/Nが良くなりました。今回使った経費は、アース線の¥300です。丸形端子とネジは手持ちのものです。アース線は、本当は5.5sqが良いのですが、硬くて取り回しがやりにくいので、3.5sqを使いました。

ホームセンターで売っている、ニチフ等の圧着端子は、銅にメッキが施してあるので、出来れば剥がして使った方が、音がストレートに出るようになります。削るのは#800か#1000程度のダイヤモンドヤスリか、布ペーパーがやりやすいと思います。

電線を入れる円筒形の部分は、丸形の細いヤスリが良いでしょう。

ついでにDSとプリの電源ケーブルが垂れ下がって、余り気分が良くないので、つっかえ棒を作りました。

つっかえ棒

こんな感じです。実はカットする寸法を間違えて、後で木片を接着剤で付けました。音に対する影響は、ほとんどプラシーボ効果でしょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/943-36738750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)