農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



モノラル用LP12を少し弄りました

モノラル用に使っているアナログプレーヤー、LP12に使用しているカートリッジは、オーディオテクニカ製のAT33 monoです。これのシェルリード線が結構硬くて、無理にオーバーハングを合わせようとすると、線が届きませんでした。

それで規定値を大幅にオーバーして使っていました。針が丸針なので、何とかなっていたのですが、出来れば何とかしたとずっと思っていました。色々探していたら、オヤイデ電気から最近HSR-102と言う、柔らかいシェルリード線が発売されていました。

使ってみたいと思っていましたが、オフ会の前ではリスクが高すぎるので、終わった後の7日夜発注したところ、9日には到着しました。

at33mono

今まで使っていたシェルリード線、かなり硬くて線も短いので、リードチップの直ぐ側では、ほぼ直角に曲がっています。こういう状態ですと、必ず低域と高域の伸びが抑えられています。

hsr102

オヤイデ電気から発売されたHSR-102と言うシェルリード線です。細くて柔軟性があり、今まで使用していた線より少し長いです。

最初に取り付けた状態

最初に取り付けた状態。取りあえず音出しをしてみました。何となく代えなかった方が良かったかも・・・。

オーバーハングを短くしたとき

オーバーハングを短くした状態。これでも規定値に比べれば、かなり長いです。これでメニューインのバイオリンをかけたら、見事に音がザラザラで聞けたものではありませんでした。即却下です。

オーバーハング値を変えて色々試してみました。

最終状態

最終的に落ち着いた状態です。何となく最初と同じ様な気がします。これで何枚かかけたのですが、やはり暫くはダメでしたね。

ジョルジ・シフラ、リスト

そしてかけたのが、ジョルジ・シフラのリスト作曲超絶技巧練習曲です。それまでにほぼ2時間位かけていたでしょうか。これくらい時間が経たないと、本来の音になってくれませんが、段々今まで聴いたことが無い低音が出てき始めました。

やっぱり狙い通りだったようです。タダこのリードチップ、内径が細くてシェルにも、カートリッジにも非常に差し込みにくいです。針交換でリード線を外したら、再取り付けは難しいと思いますので、多分使い捨てになるかも分かりません。

今日から大豆の刈り取りが始まりました。果たして収量はどれくらいになるでしょうか。青立ち大豆(葉や茎が青くて、未だ枯れていない状態)がたくさんあって、これをそのまま刈ってしまうと、豆が汚れてランク落ちになるので、青立ち大豆は手刈りで、後で枯れた頃コンバインにかけます。

大豆はファーム上ゲの最大の収入源なので、徒やおろそかには出来ません。大豆はちょっと前まで国際価格に左右されて、非常に安かったのですが、今は国産大豆として認知されて、米と単価はそれ程違わなくなりました。

但し栽培の手間は、米とは比較になりません。なので大豆を止めて、飼料米に移行する法人がたくさん出ています。農業新聞を読むと、飼料用のトウモロコシの栽培を始める農家も出てきているようです。

トウモロコシには補助金が付きませんが、栽培が水稲より楽と言う事で、農業人口の減少と、高齢化で今後増えていくかも分かりません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/942-7233b7e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)