農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



11月4日オフ会

11月3日のオフ会が終わった後、山口宇部空港に東京から来られたニャンスさんをお迎えに行きました。急に来られる日が決まったので、3連休中に泊まれる宿を探すのがちょっと大変だったのですが、何とか長門市内の大正館という、ビジネスホテルに予約が取れました。

後で泊まられた感想をお聞きしましたが、宿としては悪くなかったそうです。朝食はパンとコーヒーと生野菜と言う事で、喫茶店のモーニングセット相当で、まあ無いよりは良いかですね。

ホテルに入る前に、少し時間があったので、私の部屋を先に見て頂きました。ブログでは部屋の大きさが分からないので、初めて来られた方のおおかたの感想は、最初に天井の高さを言われます。もう一つは部屋の響きです。

部屋の吸音は、置いてある家具や調度品が全てで、オーディオ的な吸音材は一切使っていません。その為に残響時間が長いと言われる方と、響きがあっていいですねと言われる方と、どちらかに二分されます。

私はあるものは引っ込めることは出来ても、無いものを出すことは出来ないと言って、そのまま放置です。自分的にはこれが気に入ってやっているので、変えるつもりは全くありません。

初めて来られたkさんもニャンスさんも、この響きを気に入って頂けたようで、楽しんで頂けたようです。部屋も建築して5年が経ち、壁、床、天井を構成している木のパネルが大分落ち着いてきました。枯れるまでには相当な時間がかかりますので、その間はずっと変化し続けると思います。

翌4日朝食を済ませたニャンスさんをホテルまで迎えに行って、色々お話をした後、持ってこられたNASの音源を接続して、ご自分の音楽を好きなだけ聴いて頂くことにしました。

ニャンスさんは自宅の電源環境に悩みを持っておられて、聞いている音楽が毎日どころか、時間を追って変化して、同じ音が出ることがほとんど無いという方です。

我が家に来られて、この音がずっと365日、24時間変化しないのですかと、言われ続けていました。東京は人口も多いし、工場もあちこちにあるし、大きな商業施設もあると言うことで、兎に角ノイズの塊です。その塊のど真ん中にお住まいですから、最悪の中でも更に最悪の部類に入るのかも分かりません。

大きなマンションや団地でしたら、超高圧から専用のキューピクルで電源を引いていますから、かなり良いのですが、一戸建てはそうはいかないし、マイ電柱を建てても、大元が悪いので変化は少ないかもしれません。自分の趣味のために引っ越すのも問題ありですし、解決策は・・・・・

ニャンスさんはJAZZのボーカルもの、特に女性ボーカルがお好きなようで、比較的最近録音されたCDを数多くリッピングされていました。どんな音の出方をするのか確認のため、最初の30秒位を曲を代えながら聴いておられましたが、私が感じたのは一時期大ブレークした、浜崎あゆみの画面映りの事でした。

詳しくは書きませんが、何となく録音にも流行があるのだなと思いました。また私自身全く聴かないわけではありませんが、やっぱり最近の録音より、1940年代から1970年代の録音が好きなのだなと、つくづく感じた次第です。

ニャンスさんもSP以外はほとんどLINNのシステムです。どんな音が出るかを想像されてこられたようですが、一番の違いは低音の出方だったそうです。これは普段ご自分で聞かれている音との比較ですし、外交辞令もありますし文章で書いても比較対照出来るものがありませんから書きません。

ご自宅環境は、私の部屋に比べてかなりデッドだと言う事で、電源以外では部屋の違いによる響きの違いで、かなり感じ方が変わられたのだと思います。

デッドな部屋だと、どうしても直接音を中心に聞くことになりますから、それなりにパワーも必要になります。ライブな部屋だと、パワーを入れなくても、反射音で音圧は稼げますから、システムも小型化が出来ます。その代わり響きのコントロールが必要です。

オーディオで良い音を目指すには、一朝一夕で何とかなるものではありません。程ほどでさっさと矛を収めるか、とことん追求するか、追求するには無駄を無駄と思わない根性と経済力が必要ですから、やっぱりスマートに程ほどが良いのでは無いでしょうか・・・。

今回ニャンスさんがヘリカワンと言う、ケーブル用のインシュレーターを持ってこられました。何処に使おうか色々考えたのですが、インターコネクトケーブルは使い勝手が悪くてダメ、電源ケーブルは巻き付けるのがかなり面倒、残ったのはLANケーブルなので、テレガートナーのLANケーブルに使ってみました。

ヘリカワン

こんな感じでの装着です。結果は我が家では音が不自然になってダメでした。LANケーブルが硬いので、全ての配線が何処とも接触していないのと、恐らくヘリカワンの重量がコネクターにかかって、響きが不自然になるからだと思います。使う場所を選んだ方が良さそうです。

ニャンスさんが持ってこられたNASがQNAPの最新型ファンレス機HS-251です。起動と終了が早いのでびっくりしました。タダLINNが作ったKAZOOサーバーが非常に重く、HS-251を持ってしても、使い切れないようです。やっぱりNASも高速なCPUが必要か???。

しかし非力なCPUでもさくさく動くソフトの方が、私は好きですね。後ニャンスさんから使わないソフトは外した方が良いですと指摘され、外し方が分からなかったメディアサーバーを、Qfinderから外す方法を教えて頂き、ついでに他のソフトも一緒に外しました。これで画面がスッキリします。有り難うございました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/939-55e4d898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)