FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スホルツアートからのリニア電源

スホルツアートがホームページで発表した、テレガートナー製M12 Gold Switch用の、リニア電源を発注してみました。最初は色々手違いがあり、発注が1週間遅れましたが、本日無事に受け取ることが出来ました。

この電源は元々アコリバ製の、RBR-1と言うオリジナルのリニア電源を使って、テレガートナー用の2次側電源ケーブルを付けて販売したものです。ケーブルもアコリバ製ですから、実質はアコリバで製造したものです。

この電源の最大の特徴は、基準電圧をツェナーダイオードを使わずに、乾電池を使ったことです。ダイオードは反転領域で多かれ少なかれ、必ずノイズが出ます。それを嫌ってのことです。世の中には色々なことを考える人がいます。だから面白いとも言えます。

電源1式

箱を開けて一式出した状態です。1次側の電源ケーブルは、私には必要が無いので、箱に入れたままです。後真鍮製の足が付いてきましたが、筐体を開けないと付けられないし、標準のゴム足でも構わないだろうと言う事で、使わないことにしました。

本体は結構重いです。完全密閉なので、耐ノイズ性は非常に高いと思います。2次側のケーブルは、柔軟性に富んでいて、扱い勝手は非常に良いです。

裏面のパネル

本体裏面のパネルです。取説は一切付いていませんので、詳しくは分かりません。

セット状態

セットして配線した状態です。

早速音出しをしてみました。最初はロックやポップス系をかけてみましたが、余り違いは分からないですね。と言うことでクラシックをメインに聴いてみました。

一聴してS/Nが良くなったことが分かります。暗騒音がほとんど無くなった感じで、引き込まれるような静けさです。M12 Gold Switchにして、もうこれで完成かと思われましたが、未だ上があると言うことです。

価格も半端ではありませんが、もうここまで来れば、毒をくらわば皿までもですね。安く上げるには自作しかありませんが、最大のネックは筐体の加工です。自分で図面を書いて、加工屋さんを探さないといけないです。既製品は大体帯に短し、たすきに長しです。また既製品でも追加工が必要です。

使っていて不具合が出ました。多分この電源の特性では無いかと思いますが、ある一定の時間スイッチングハブに信号を流さないと、ハブがシャットダウンしてしまいます。標準のスイッチング電源だと問題が無いので、多分アコリバの電源の仕様の問題では無いかと思います。

通電時は発熱が多いので、流れる電流量が減ると、適当にシャットダウンするのではと思います。シャットダウンすると、発熱がかなり抑えられます。一端シャットダウンすると、再起動がかなり面倒です。ハブは完全に動作が停止します。なのでPCを使って反応させることは出来ません。

電源のスイッチを一端オフにして、直ぐに再度オンにしても再起動しません。この辺の使い勝手に関しては、未だ全くの未知数です。

アコリバのHPを見ると、この電源今は在庫が無いようです。一気にはけてしまったのでしょうね。次回生産予定は未定のようです。バックオーダーが多ければ、また作ると思いますので、気長に待たれたら良いと思います。

今日の午後から、はぜかけしたヒノヒカリを脱穀しました。2条刈りのコンバインで脱穀したのですが、もう機械がかなりくたびれていて、籾がザザ漏れ状態です。刈った量の10%位は水田にばらまいています。何処から漏れているのか分からないので、修理するべきか、また検討が必要です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/937-d5ad21c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)