農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



稲刈りが半分終わりました

9月21日難航したひとめぼれの刈り取りが全て終了したので、今年の稲刈りも半分終了しました。昨年は倒れた稲が全く無く、稲刈りは新品のコンバインの力もあり、順調に推移しました。

しかし今年の稲刈りは、ほぼべったりと倒れてしまったコシヒカリから始まり、最初にコンバインの刈刃に、多分ですが石が挟まって切れなくなるというトラブルから始まりました。後は全て倒れた稲の刈り取りだったために、刈った稲を送り込む樹脂製の爪と、倒れた稲を引き起こす爪が、負荷の多さに遂に悲鳴を上げて、曲がってしまい送り込めなくなった稲が、途中で詰まってしまいました。

この詰まった稲を引き抜く作業に時間を取られたりして、ひとめぼれの刈り取りは難航苦行でした。しかし何とか終了出来たので、全部で9町少しある水田のほぼ半分が終了しました。

天候次第ですが、次のきぬむすめの刈り取りが、今月末頃から始まります。きぬむすめは全く倒れていないし、コンバインの刈刃も新しくして、爪も全交換したので順調にいけると思います。

きぬむすめが終わったら直ぐに餅米の刈り取りが始まります。餅米は背が高いのでやはり倒れが見られますが、未だ倒れ込んではいないので、何とか刈れると思います。

刈り取った後の餅米のわらは、良く乾燥させて神社のしめ縄を作るための材料にします。しめ縄作りは10月末頃の予定です。今日はひとめぼれの籾すりがあります。終わった後はずっと休み無しだったので、大豆の草抜きはありますが少し休ませてもらいます。

出来高はコシヒカリのやや良に対して、ひとめぼれはやや不良という感じです。この後がどうなるかは、刈ってみないことには分かりません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/933-27f77821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)