FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



デジタル信号系を見直し

最近理由は全く分かりませんが、段々デジタルの音が情けなく聞こえるようになり始め、どうもこんな筈では無いけど、と言うことでデジタル信号系を見直すことにしました。

デジタル信号系で最大の問題は、いかに高周波のノイズ成分を少なく出来るかです。大体やるべきところはあらかたやり尽くしたので、後残った部分はカスケードに接続した、JS PCオーディオ製のハブを撤去することです。

その為にはテレガートナーのスイッチングハブに、接続出来るケーブルを1本追加しなければいけません。このケーブル片側がRJ45で、反対側がM12コネクターになっているために、どうしてもテレガートナー製のLANケーブルを、使わざるを得ません。

本当は色々調べた結果、日本のオムロン製で同じ様なケーブルがあります。価格はほぼ1/10ですし、長さも色々あって、選択肢も広いです。しかし何となく中途半端な気がして、結局高くて納期がかかる(約3週間)のを承知で、注文をしました。

配線見直し正面

手前正面左側のNASは、新しく追加したQNAP製TS-228です。音も静かですし、発熱もほとんどありません。消費電力は多分ですが、TS-119の半分位ではないでしょうか。

右側が今までPPバンドで吊っていたHS-210Dです。これでやっと陽の目を見ることが出来ました 笑。この場所にあったハブを撤去しました。今までハブ経由でカスケードに接続していたルーターを、テレガートナーに直接接続しました。

配線見直し裏面

後ろから見た写真です。配線の状態はこちらの方が良く分かります。

さて肝心の再生音ですが、情けない音だと感じていた、音の切れの無さや、鮮度が元に戻りました。ルーターにはインターネットは接続していません。アップデートするときは、別のハブを持ってきて、インターネットと接続しているハブを、カスケードにして接続します。

今日は台風の影響で、昨日から降り始めた雨が、本降りになりました。台風は四国沖を通過したので、山口県の山陰側では風が酷くなることも無く、雨も豪雨になることもありませんでした。

しかし2日間の累積雨量は60mmを超え、倒れたひとめぼれは多分水に浸かったと思います。コシヒカリは既に刈り取り済みなので、事なきを得ました。台風前に刈ったひとめぼれは、約1町5反程です。反収はコシヒカリが8俵ありましたが、ひとめぼれは多分7俵あるかないかだと思います。

18日は田も稲も乾かないので、1日刈り取りは不可です。19日お昼から刈り取れれば御の字では無いでしょうか。小米(不良米)は水不足に悩まされる位でしたから、私が山口に帰ってきた頃は20%近くありましたが、最近は10%かそれ以下に収まっています。

米作りをする農家が減り、法人も飼料稲に移行するところが増え、しかも小米率が減り、小米を集める業者は集めるのに苦労しているようです。その為に小米の引き取り価格も、昨年度に比べ2倍以上になったようです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/932-0649a4c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)