農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



アルゲリッチのアルバム紹介

エソテリックから発売された、アルゲリッチのSACDアルバムです。多分ですが、アルゲリッチとしては、初めてのSACDでは無いかと思います。Philewebのニュースで、エソテリックから発売されることが分かり、早速取引のある販売店の担当の方に連絡を取り、注文をして頂くことにしました。

ここで紹介というブログを書いたのですが、多分既に売り切れて手に入らないのでは無いかと思われます。発売は6月だったのですが、担当の方が緊急入院をされたので、実際に手に入ったのは8月になってからです。

SACD

アルゲリッチとしては、唯一のJ.S.Bachのアルバムです。アルゲリッチは好きなピアニストの一人で、女性でチャイコフスキーのピアノ協奏曲1番や、ラフマニノフのピアノ協奏曲3番等を弾く人は滅多にいませんが、男性顔負けの迫力のある演奏をされます。

1970年代だったと思いますが、アルゲリッチが来日したとき、NHK交響楽団との共演で、チャイコフスキーのピアノ協奏曲を演奏したものがあります。この演奏が鬼気迫る大迫力の演奏で、NHKがディスクで発売してくれないかなーと、ずっと首を長くして待っています。

アナログLP

こちらが元々のアナログディスクです。購入したときオリジナルとは書かれていなかったので、再発売盤だと思いますが、一応ドイツプレスです。

アルゲリッチは、一時期ミケランジェリの元に師事していました。後の話ですが、実際には何も教えてはくれなかったそうです。職人には良くあるタイプで、自分で盗めと言うことなのだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/928-2baa6c03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)