農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ステレオ・サウンドのアルバム

7月30日防府にあるサウンドテックの創業祭に、ステレオ・サウンド社が参加すると言うことなので、行ってみました。ステレオ・サウンド社が発売したアルバムは、何枚か持っていますが、どれも録音が非常に良く、聴き応えがあります。

今回はステレオ・サウンド社から、担当の方がわざわざ山口県まで来られて、しかもソフトを聞いた上で購入出来るので、行くことにしました。何を買うかは当日行ってみてからのお楽しみです。当初は1枚しか買うつもりが無かったので、資金をそれ程用意していきませんでしたが、やはり聞いてしまうとダメで、結局2枚買ってクレジット払いになりました。

谷村新司

最初の1枚はアナログレコードで、谷村新司です。アルバムの写真は最近の谷村新司ですが、中身の録音は、様々な年代の音が入っています。なので若い頃の声から、最近の声まで色々再生して楽しめます。

33 1/3RPM盤で、片面4曲入っています。カッティングはゆったり入っているので、極めてHIFIです。音源はデジタルで録音したものや、オープンリールで録音したものが混じっています。180gの重量盤なので、静電気を帯びやすく、最初は内袋がべったりとくっついて、出すのが大変でした。

出来れば演奏前に静電気除去をしておけば、最良の状態で再生が出来ます。

ハリー・ベラフォンテ

次がハリー・ベラフォンテが、カーネギー・ホールでやった、ライブアルバムです。オリジナルはRCAから発売された、LP2枚組です。オリジナルのLPは人気があるために、高くて私には手が出せません。

XRCDで発売された盤は、以前購入していましたが、何となく音がギスギスしていて、余り好きでは無く、ほとんど聞いていませんでした。

今回ステレオ・サウンド社から発売された盤は、SACDハイブリッド2枚組でコンプリート盤です。当日SACDで聞かせて頂きましたが、トリノフのイコライザー経由でしたので、音が整いすぎて、本当にこの音で入っているのか、買ってみなければ分からない状態でした。

amabukid邸でもシステムがトリノフ経由なので、何をかけても破綻することが無く、優等生の音が出ます。今回も同じ様な感じで、自宅でかけたらどんな風になるか分かりませんでしたが、ハリー・ベラフォンテの声が、非常にクリアに聞こえていて、興味津々で買ってみることにしました。

担当の方にお聞きしたら、日本にある音源は、マスターが何種類かあるそうです。その中で一番状態の良いものを選んだそうです。デジタル、りマスタリングも非常に良く、興味がある方にはお勧めです。

数量限定で、再発売も多分無いでしょうから、無くなり次第終了になります。以前紹介した、美空ひばりの45RPM2枚組LP盤は全て売り切れたそうです。石川さゆりは未だ残っています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/927-8fbccdff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)