農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ハブが遂に来ました

日本テレガートナーのデモ機をお借りして、次の日には注文しました。納期は2~3週間と言うことでしたが、1週間後に確定納期を問い合わせたところ、予定より早く入って来ると言うことで、7月1日発送の2日着予定で待っていました。

そうしたところ、販売店より連絡が来て、1日に待てど暮らせど着かないと言うことです。日本テレガートナーは、土日が休みなので、連絡がつきません。一番心配したのは、商品が誤配送されて行方不明になることです。送り状の番号を、連絡してもらっていれば、それから荷物の追跡が出来ますが、それも無いのでもう月曜になるまでは、ダメだろうと思っていました。

日本テレガートナーの方は、デモ機をお借りすることで、メールで直接のやりとりをしていたので、その方に着かない旨のメールを入れておきました。そうしたところ日曜にも関わらず連絡を頂いて、倉庫会社も休日なので連絡がつかないと言うことで、まあ仕方が無いかと諦めることにしました。

月曜になって日本テレガートナーの方よりメールが来て、倉庫会社が気を利かせすぎて、月曜配達指定で出荷したことが分かりました。日本テレガートナーは、元々BtoBがメインですから、オーディオというBtoCの営業には慣れていません。まあ今回は最悪の事態では無かったので、良しとしましたが2日間が無駄になりました。

結局2日着の予定が4日となりました。早速梱包を解いて、接続することにしました。ケーブル長を全て1mとしたので、デモ機の時はケーブルが長すぎて、処置に困りましたが、今回はかなりやりやすくなりました。

スイッチングハブ本体のボディーアースも当然接続しました。予定通りM12 Gold SwitchにはKLIMAX DS、JSPC製のハブ、QNAPのHS210を接続しました。ルーターと、TS119のNASはカスケードに接続した、JSPC製のハブへ接続です。

テレガートナーのハブを返却した後、やはりノイズ対策を徹底しなければダメとわかり、KLIMAX DSのデジタル出力をDisableにしたうえで、終端抵抗を接続、更にそれを電磁シールドしました。RJ45の空き端子には全て終端抵抗を接続しました。

それだけで、結構音は良くなるものです。正直JSPCのハブでも十分なのでは、と言う気にもなりました。デモ機を返却しても、それ程違和感に悩むことはありませんでした。

さて早速M12 Gold Switchを通して音を出したのですが、デモ機とは随分と音の印象が違います。デモ機は電源を入れたばかりの時は、結構音のエッジが立って、鋭く刺さるところがあったのですが、全く音が丸くなって、普通の音がしています。

正直拍子抜けでした。そこでデモ機と変えた点の検証をすることにしました。最初はルーターの電源の極性です。ルーターの電源は、壁コンセントから、スイッチング電源で取っています。

壁コンセント

オーディオ用のステンレス製の分電盤の両脇に、4口の壁コンセントがありますが、右側と左側では、電源の極性が逆になっています。通常は右側の正極性から取るのですが、何故かデモ機の時は逆極性の左側から取っていました。

今回はそれを右側にしたのですが、何となく音が丸くなってしまったような気がして、左側に戻しました。そうしたら音が立ってきたのです。ルーターの電源極性で音が変わるのか・・・・とまあ実に初歩的な話なのですが、自分でも少々驚いています。

その後もっと不思議なことが起きました。

接続

これが最終接続した状態ですが、このハブの向きは、デモ機の時と同じ向きです。実はこの前に、ハブの向きを左右逆にしていました。しかしどうも配線がやりにくいと言うことで、写真の向きに変えました。何と不思議なことにこれで音が変わったのです。理由は・・・・・配線のストレスが減ったこと、地磁気の影響????・・・・良く分かりません。

まあいずれにしても、デモ機の時の音がよみがえってきたので、良しとします。デモ機の時は2mのLANケーブルだったので、誠に取り回しが悪かったのですが、1mにしたら実にスッキリとしました。しかし設置スペースがかなり必要なので、以前の埼玉時代でしたら、絶対に諦めています。

最後の問題は、M12 Gold Switchに接続している電源ケーブルが、長すぎて邪魔なので、いずれは短くしないとと思っています。でもやっぱりデモ機と、音が違うと感じますね。ずっと聞きやすくなっています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/923-890e2d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)