農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



M12 Gold Switchの件続き

日本テレガートナーさんよりデモ機をお借りして、既に4日目です。いくつかテストした結果を書いておきますので、今後使われる方は参考にして下さい。

最初に来たばかりの時、電源を入れて直ぐの時はバランスが悪かったことを書きましたが、具体的に書くと、ドラムセットのシンバルの音や、スネアドラムなどの、非常に立ち上がりの早い楽器の音が、ものすごく鋭い音に聞こえたのです。突き刺さるという感じでした。

音のエッジが立っているいるのですが、その角度が鋭角なのです。それが90度位になったのが、約6時間後です。その後角に少しRが付いて、聞きやすく普段の音になったのが、12時間後位でした。

この現象は電源を切ってしまうと、リセットされてまた元に戻ってしまいます。従ってハブは1年中点けっぱなしにしないとダメです。停電等で消えると元に戻るので、どうしても嫌な方は、バックアップ用の無停電電源装置が必要になります。

価格は安いPC用のハブと比較すれば、ほぼ100倍です。もっと安いハブをお求めでしたら、JSPCオーディオ製だと、これの1/10位でしょうか。音質的はほぼ同等です。大きな違いは音楽の情報量の違いです。

通電時間で音が変わるのは、多分標準付属のスイッチング電源の為だろうと、想像しています。アナログ電源にしたら恐らくこの問題は、無くなるかも分かりません。しかし12時間経てば良くなるし、良くなったら電源の影響はほとんど無くなり、アナログ電源と同等になると思います。

オーディオ製品は、一般的に今使っている製品をアップグレードしようとしたら、価格はほぼ1桁あがります。それ位投資しないと、アップしたと感じません。これ以上の製品が出てくるとしたら、また一桁上がるのでしょうか。買う人がいますかね。キリがないものにキリを付けるのは使う人の問題です。

と言うことで、人のことは言えないので、デモ機の話は特に変化が無い限りこれで終わります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/920-58739736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)