農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



遂に陥落しました

日本テレガートナーのスイッチングハブ、M12 Gold Switch、遅かれ早かれ注文することになりそうと、覚悟を決めて注文を出すことに決めました。ケーブル長さは、設置の不自由さと、LANケーブルの邪魔さ加減を考えて、全て1mとすることに決めました。

接続はDS用に1本、カスケードに接続して使う、JS PCオーディオ製ハブへ1本、そしてHS210へ接続する1本です。何度も聞き比べましたが、何となく気分的には、やはりメインの音楽サーバーとして使う、HS210は直づけの方が、精神安定上も良かろうという判断です。

さて前からインターネット上の写真で気になっていた、ボディーのアース端子です。

アース端子

写真で映っている赤いキャップの付いた、圧着端子です。この端子テスターで測ってみると、電源のグラウンドとは完全に絶縁されています。従ってこれをアースに落としても、アースがループにはなりません。今回のデモ機でやるつもりはありませんが、多分アースに落としたら、もう少し良くなるのではと言う気がしますが、空中ノイズの少ないこの部屋では、余り効果が無いような気もしています。

注文したハブが来たら、当然アースに落とします。テストをしないのは、接続が面倒だからという、極めてあんちょこな理由です。

後はこのハブをどうやって、何処に置くかです。ねじ穴があるので、木ねじで壁に固定することも出来ます。納期は3週間とのことなのですが、いつ頃来ますかね。それまでは悩むことにします。

長門市から、遂に有線放送を通じて、節水のお願いが出ました。余りに雨が降らないために、農業用水だけでは無く、生活用水にも支障が出る状態に近づきつつあります。いよいよ水源に水が無くなったら、給水車での配水という、最悪の事態になります。その時には、今年の水稲は終わってしまうでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/919-31442032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)