農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ちょっと目から鱗

少しオーディオネタを、全く金をかけずに改善?

現在あるものを試してみようと、メーカーにデモ品を依頼していますが、それをするためにスイッチングハブの位置を変えることにしました。といってもLINNのDSが接続されている方のハブでは無く、ルーターやPCが接続されている方のハブです。

DS用のハブはJS PCオーディオ製のハブで、カスケードに接続されている方はコレガ製です。

ハブの位置を変更

今までは右側のラックの、弁当箱型の小型PCの下に置いてありました。これを左側の下の段、LEDが点灯しているものがコレガ製のハブですが、こちらに移動しました。

この話だけでしたら、書くほどの話ではありませんが、これでDSから再生したら、何となく音がクリアになったような気がしていて、最初は気のせいかなと思っていました。

しかしいつもの比較試聴する音源を聞いていたら、どうも気のせいでは無さそうだと気がつきました。上に置いていたPCは普段は電源を入れてありません。余りに非力なため、使い勝手が極めて悪いからです。

JS製のハブには、コレガとの接続には、LANアイソレーターが入れてあります。しかもDSとNASの間の信号は、一切コレガを通ることはありません。なのでコレガ製のハブがDSへの影響をしているとは思ってもいませんでした。

置き場所で音が変わるとしたら、DSを再生するときは、別のルーターを使って、ワイヤレスで選曲をして、完全に独立ネットワークで組まないとダメと言うこと・・・・・しかも接続する機器は出来るだけ少なく・・・・・また課題が出来ました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/914-96dd08ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)