農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



4月27日コシヒカリの苗作りをしました

4月27日コシヒカリの苗作りをしました。いよいよ本格的な水田作業が始まります。水田の方は、畦塗りが全て終了し、荒起こしの次に作業する、くれ返しという作業もほぼ終わりかけています。くれ返しと同時に、中々出来なかった大豆の荒起こしも同時に進めています。

草刈りもしなければいけないので、様々な作業を同時並行的に行う必要があります。体力の方もくたびれ果てたら、後が続かないので適度に手抜きもしながらやっています。

今年の苗作りは、コシヒカリ280箱(4月27日)、ひとめぼれ680箱(5月6日)、きぬむすめ290箱(5月6日)、ヤマフクモチ60箱(5月13日)、ヒノヒカリ830箱(5月13日)、合計2140箱を作ることになります。

苗箱は1時間に200箱作れますから、5月6日と13日はほぼ5時間のぶっ通しの作業になります。体中が痛くなるでしょうね。

使用する培土は1tで200箱作れますから、5月6日は約5tの培土を使用することになります。この培土がフレコンで入ってきているので、これをフォークリフトで吊り上げて、フレコンの下から土をブルーシートの上に積み上げます。その土をスコップですくってバケツに入れ、それを手で抱えて苗作り機に入れます。

苗箱に新聞紙を敷いて、その上に培土を乗せ、更にいもち病予防用の薬をまいて、更に水をかけて、種籾をまいて、その上に培土をかけて完成です。出来た苗箱は人手でパレットの上に積み上げていきます。苗箱作りは自動ですが、前後の力仕事は全て人力です。

これを1日で5t分やるわけで、しかもやっている人は全て60代から80代の年寄りばかりです。いつまで続けられるのでしょうかね。

この日は朝8時から苗作りの作業を始めて、10時に終了、その後は草刈りをやっていましたが、午後3時には体中が痛くなって中止し、風呂に入って音楽を聴いていましたが、くたびれてウトウトしていて、ほとんど寝ていました。

28日からは水路掃除のための草刈りです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/911-adaec18f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)