農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



2月27日水路掃除をしました

2月27日猪に農業用の水路脇の土手を崩され、水路が泥で埋まってしまったために、埋まった土砂の排除作業をしました。朝9時から始めて、10時頃には全て終了しました。

水路掃除

墓地の下にある水田用の水路際の土手を、猪が主にミミズを探して、鼻で土手の土砂を掘り返します。掘り返した土砂が、雨水とともに土手を滑り落ちて、水路を埋めてしまいます。

上に露出した塩ビ管が見えています。この塩ビ管は新堤と言っている堤の水が無くなってきたら、畠田と言っている方の堤の水を、融通するための配水管です。普段余り使うことはありませんが、いざとなったら必要になる水路です。

ここに水を流すと、水の自重で塩ビ管が最悪折れてしまうので、杭を打って補強する必要がありそうです。どうするかは水利組合長が決めると思います。お金があれば業者に頼んで終わりですが、お金が無いので山に行って、間伐材を取ってきて、適当な長さに切って、皮をむいて先端を尖らせないといけません。

手間が大変なので、やるかどうかは分かりませんが、やらないと壊れたときが大変になります。

その後不要になって、草刈りの時邪魔になっていた猪柵の撤去をしました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/900-0cf5b542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)