農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



接地抵抗値

2月14日接地抵抗値がどうなったか、測定してみました。アース工事は2013年10月3日が最後で、それ以降は全く測定もしていませんでした。当時の時点での接地抵抗値は、7.98Ωとほぼ8Ωでした。

そして今回の測定値は9.65Ωと見事に測定値が悪化しました。全部で2連結で32本ですから、16カ所打ち込んであることになります。当然32カ所以上線の接続箇所があります。接続箇所は圧着端子で固定して、ビニールテープで絶縁してありますが、当然接着剤は劣化しますから、水がしみこんで銅銭の表面が酸化して、接触抵抗が増えていると思われます。

また打ち込んであるアース棒は、鉄筋に銅メッキをしたものがほとんどですから、銅メッキも当然酸化します。地面との接触抵抗も増えるでしょうから、恐らく経年劣化すすだろうなと思っていましたが、予想通りになったわけです。

このまま放っておけば、そう遠くないうちに10Ωの壁は突破してしまうと思います。追加のアース棒を打ちたいのですが、打てる場所がもう庭しか無いし、庭に打つと親がうるさいので、まあ当分はどうしようも無いかなと思っています。

徐々に劣化するものは気がつかないので、ある日追加のアース棒を打ったら、音が激変しました、なんてことになりそうです。

ところで夫が死んだら妻には遺族年金が出ますが、妻が死んでも夫にはありません。しかも遺族年金は全額非課税なので、所得申告も必要ないなんて、今日年金事務所で聞いて初めて知りました。世の中ごく少数派ですが、主夫業をやっている方がおられます。将来どうされるのでしょうか・・・・最も夫が先に死んだら関係ありませんが。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/894-4f50f423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)