農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



1月18日大豆の選粒をしました

1月18日大豆の選粒をしました。いつもですと12月には全部終了するのですが、今年は刈り取りには悪天候続きで、刈り取りが11月から12月までずれ込んだため、鹿、猪、猿に豆は食われるし、はじけて飛んでしまった豆も多く、収量は絶望的な状況でした。

18日サチユタカとフクユタカの2種類の選粒が、1日で終了してしまいました。いつもですと延べで4日はかかります。選粒した結果は間が分かりませんが、収量としては6町も作って、たったの30俵と絶望的な収量になりました。

コンバインで刈り取ると、上ゲの圃場は粘土質で、雨が降るとねばねばになり、元々が畑には向いていません。そんな土壌に豆をまきますから、土が充分に乾かない梅雨時で、畝を立てても表面が凸凹になります。そのために刈り取りの時、大豆の高さが凸凹になります。

コンバインが全自動で、畝の表面の凸凹に合わせて刈ってくれれば、未だ良いのですが、手動でそんなことは出来ませんから、どうしても刈り残しの無駄が大量に出ます。獣害と雑草を除けば、収量の悪い最大の原因ですが、だからといって6町の畑を人力で刈り取るなんて出来ません。

今年の収量の悪い最大の原因は、天候もありますが、やはり発芽したばかりの若芽を鹿に食べられたからです。漁師をやっても食べてはいけないし、銃で事故が起きると、起こした方も大変ですし、起こされた方はもっと大変ですから、やる人がほとんどいなくなりました。

そのために山の中は鹿だらけになって、今は人間を見ても全然逃げなくなりました。大豆を作らなければ、米では大赤字になるし、野菜は粘土質の土壌では、そもそも向きません。野菜を作れるさらさらの土にするには、何十年もかかります。ハウス栽培をやるには、もう皆さん歳を取りすぎました・・・設備投資をしても回収出来ない。

選択肢としては、いかに米の直接販売をして、売り上げを確保するか、もう多分これしか残っていないと思います。飼料米は反収10俵とれて、補助金を入れてトントンです。砂地でしたらそれ程難しくはありませんが、粘土質だとほぼ無理です。後は営業力をどうするか・・・何でもそうですが、継続が一番難しい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/890-d0b08689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)