農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



KLAUDIO製超音波洗浄機

父が亡くなった後、遺品の整理をしていたら、古いLPレコードが40枚ほど出てきました。中には妻が独身の頃購入したLPもあります。カビだらけで、使えなかったし、手洗いする気にもなれなかったので、ずっとほったらかしにしてありました。

折角超音波洗浄機を買ったので、洗って使えるようにしてほしいと言うことで、半分は嫌々ながら本日半日かけて洗浄しました。洗浄時間5分で、乾燥時間5分ですから、1時間5枚くらいなものです。大体手洗いと同じ位の洗浄枚数です。

しかし手洗いでしたら、水が冷たいので温水にするのに、ガス代がかかるし、ランニングコストは結構かかります。また2時間もやったら疲れて腰が痛くなるし、乾燥に結構時間がかかるしで、一度に40枚は私には無理です。

ほぼ8時間かけて終わらせましたが、やはり途中で水が足りなくなり、洗浄機がエラーを発信しました。少し水を追加して、洗浄は無事に終了。LPに付着していた、大量のカビが水の中に混じっているので、水は全て終了と同時に廃棄しました。

廃棄した後、一応念のために洗浄器の水が入っていた部分のタンクを、点検窓から中に雑巾を突っ込んで拭いてみました。何とタンクの中のあちこち、特に隅の角になっている部分に、かなりのヘドロ状になった汚れが付着していました。

購入してから未だ2ヶ月半ですが、2ヶ月半でかなりの汚れが付いたので、1年も放っておいたら、何のことは無く汚れた水で、常に洗浄していることになります。水は購入して1回交換していますから、1回の水で洗浄しているのは、大体40~50枚位です。

KLAUDIOの洗浄機は、構造が結構複雑で手の届かない部分が、かなりあります。水漏れを防ぐために、簡単にはばらせないようにもなっています。最低でも1年に1回は分解掃除をしないと、汚れが累積していったら、故障の原因にもなります。

この辺が使用に当たっての、最大の注意点でもあり、問題点でもあります。中古のレコードを買ってきたら、一度は水道の水で手洗いして、その後超音波洗浄機を使ったら、長持ちしますが、どうしますかね。

使っても使わなくても、水は定期的に(1ヶ月位?)入れ替えないとダメなような気がします。長期間使わないときは、水は抜いて、中をきれいな布で拭いて、乾燥させておいた方が良いでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/886-9051f202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)