農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



2016年を振り返り、オーディオ編

さて年末となったら、やはり今年1年を振り返ってみたくなり、書くことにしました。今年はDSに始まり、DSで終わった年になりました。そして私のオーディオ遍歴も、DSのアップグレードで、とどめを刺したのでは、と思っています。

今年の初めは、HUBの変更からでした。今まで使っていたKOREGA製の1000MBのHUBから、100MBのHUBへ仕様的にはダウングレードです。福岡市にあるJS PCオーディオという、、こちらも新しく始めたばかりの、ガレージショップで製造している製品です。

こちらのショップは、既製の製品や部品を使って、オリジナルの製品に作り替えるという、非常に合理的な製品製作をしています。まあ大体初めはこのような状態から始めて、段々に自社設計品を作っていくという過程になります。この方がリスクが少ないですから。

その後LANケーブルを入れ替えて、次の段階でQNAPの長い間メインで使っていた、TS119を最新型のHS210に入れ替え、更にHDDをSSDに入れ替えました。

その後リッピングソフトのdbpowerampが、バージョン15.3から16.1に代わり、我が家では劇的と言えばかなり大げさですが、かなりよくなり、お陰で1000枚近くあるCDを全部、再リッピングする羽目になりました。その間にTAGデータがない方が、音が良いことも分かり、色々と新しい事も分かりました。

そうこうしている内に、LINNがDSのアップグレードをやることの案内がありました。約1年でのアップグレードに、かなり懐疑的な見方をしていましたが、今回はDACの変更という、今までのアップグレードとは全く違うコンセプトが判明。迷ったあげくやることにしました。

結果は我が家内ではとんでもない大変化となり、ついにデジタルがアナログを凌駕してしまいました。アナログは、超音波洗浄機という、最終兵器を手に入れて、こちらも最終段階に入りました。

キリの無いオーディオという趣味に、いずれはキリを付けないといけないと思いつつ、中々足が抜けませんでした。しかしDSのアップグレードが、見切りを付ける良いきっかけになります。

自分も段々歳を取ってきて、若いときと同じようには行きません。耳の方も段々不調になってきています。耳鼻科で調べて、感度は変化無しですが、体が危険信号を出しているので、これ以上の無理は止めた方が良さそうです。

たまには少し音量を上げて、システムのポテンシャルを出すのですが、普段聞いている音量では、ポテンシャルの半分も出ているかどうかですね。最後は過ぎたるは及ばざるがごとし、昔の人が言ったとおりになりました。

時代の先端を追いかけるのは、これで終わりにします。後はシステムの維持にどれだけ費やせるか。ソフトの方も増えすぎてしまって、ほぼパンク状態です。子供はオーディオには全く興味が無いし、先日行ったコルトレーン・コルトレーンのマスターも、子供からお父さんが死んだら、ソフトは全部処分するからと、言われたそうです。

まあ大体似たような方がほとんどだと思います。私の父はゴルフが好きで、色々な大会でカップやたてをもらってきて、飾っています。生きていた内は大事な宝だったと思いますが、残された家族にはタダのゴミでしかありません。

オーディオも似たようなものです。宝だと思っているのは本人だけです。どこかで決断しなければいけなくなると思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/885-8d3d3770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)