農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



電源ケーブルの固定

久しぶりのブログになりました。農業の方は大豆の刈り取りが全て終了しました。オペレーターの方と、運搬の方はお疲れ様でした。農業法人の定款変更の案は出来たので、後は理事会の了承と、法人総会での決議が終わったら、長門市に提出して終わりです。

総会は2月18日にやることが決定しているので、それに向かって決算を終わらせて、税務署に青色申告をして、総会資料の作成で準備は終わりです。

オーディオの方は、もう余りやることが無くなりました。そこで前から気になっていた、電源ケーブルの固定を考えることにしました。

フリーの状態

ラックの一番上に置いてある、パワーアンプの電源ケーブルの、現在の状況です。アンプの位置が、高さ60cm程度あるので、電源ケーブルの自重で、地球引力に引かれて、かなり垂れ下がっています。支えている力は、電源ソケットの摩擦抵抗力だけです。

ひもで縛った状態

摩擦抵抗力が弱いと、ケーブルが抜けてしまい、どうしようも無いので紐でくくってあります。少々見た目も悪いので、何とかしたいと前から思っていましたが、中々良い案が浮かばないので、そのままにしてありました。

以前どなたかがphilewebの日記に、特注品のケーブル固定方法をアップされていましたが、残念ながらLINNの電源ソケットは、ネジ止めでは無く、はめ込みなので、その方法は使えません。

色々考えたあげく、思いついたのはケーブルを下から支えることでした。つっかえ棒を作って、それに載せれば良いだろうと言うことです。

突っ張り棒を設置

早速ホームセンターに行って、材料を買ってきました。そして作ったのが上記棒です。

最初は棒をラックに固定しないとダメかなと思い、金具も買ってきましたが、実際に設置してみたら、置いただけで安定して使えることが分かりました。

音への影響は、聞いた限りではほとんど違いはありません。ケーブル接触面は、コルクのシートが貼ってあります。コルクの特徴は、静摩擦抵抗が大きいことです。少しはこれで力が分散すると思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/884-8ab15360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)