農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



11/27 amabukidさんが来られました

本日九州からamabukidさんが来られました。LINN KLIMAX DSが/3になってから、お二人目です。やはりLINNの機器が、本来の性能を発揮するには、1ヶ月はかかりますね。

最初来たときは、/2の時と比べて、確かに少しは良くなったのは分かりましたが、金額に見合うかと言われれば、甚だ心許ない状態でした。

しかし1ヶ月経って、ついに本領発揮し始めたとたん、今までの音とは一皮どころか、全く突き抜けてしまいました。特にハイレゾの音源は、レンジも広いし、音量を上げなくても音の浸透力が強く、しかもS/Nも良いので、今までより音量を下げていったとき、音が全くやせなくなりました。

今までアナログは、何もせずとも、DSが良くなれば、それなりについて行っていたのですが、今回はいよいよダメですね。DSに比べて音が重くて、遅いと感じます。DSが軽くて、ものすごく足が速いのですが、十分すぎる低音が出ています。

ベイシーの菅原さんは、音量を下げていったとき、全体のレンジを保ったまま、音量が下がってくれば良いと言うことを言われていましたが、全くその通りになりました。アナログと違って、デジタルは誰にでも出来ることなので、ある意味良い時代になったものだと思います。

今後LINNがLP12をどうアップグレードしてくるか分かりませんが、もうこれ以上は突っ込めないので、傍観するしかありません。それにしてもベイシーのシステムは、40年前のものですから、菅原さんも凄い人だと思います。

DS/1から/2になったとき、急いでやってはみたものの、何が変わったのと言う程度だったので、今度の/3は少々逡巡しましたが、1ヶ月経ってみて、LINNもここまでやるかと、本当に驚いています。

amabukidさんもアップグレードに出されているので、戻ってくるのが楽しみになったと思います。DS/3も使い倒そうとすれば、それなりに使いこなしも必要になります。amabukidさんの仕事が一段落したら、また訪問しようと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/882-035cc9ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)