農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



NASの電源をちょっとだけリニューアル

NASの電源を、今まで段ボール紙の上に置いていただけですが、今度は少し簡単に移動出来るように、アルミの板の上に組むことにしました。

アルミの板は、200x250x2.5t 材質はA5052です。この材質はもう随分前から、塗装もせず、アルマイト処理もせずにずっと、LP12の中に入れて使ってきました。

耐食性が非常に良く、5年以上使っていますが、全く腐食していません。アルミの板だけでは、鳴きが入りそうなので、裏にコルクのシートを貼り付けました。

板は素材をシャーリングで切っただけなので、エッジが尖っていて、素手で触ると危険きわまりないので、サンダーで全てのエッジは削り落としました。これが結構手間なのですね。加工やさんによっては、有料で請け負って頂けるところもありますが、折角道具があるので、自分でやることにしています。

この板に穴を開けて、トランスと、プリント基板を固定します。文章で書けばこれだけですが、正確に穴開けをしないと、位置が1mmでも狂っていたら、ネジが止められなくなります。

プリント基板は、元々加工精度が良くないので、実物で合わせるのが良いのですが、先に部品を半田付けしてしまった関係で、それが出来なくなりました。

正確に穴開けをするためには、卓上ボール盤があれば完璧ですが、プロでも使えるものは、結構良い値段になります。中古機械はこんな田舎では、滅多なことでは手に入りませんので、仕方なしに電気ドリルを使って、ドリススタンドで穴開けをすることにしました。

しかし電気ドリルの精度は、ボール盤とは比較になりません。ドリルの先端が振れてしまって、振動が出て使い物になりませんが、我慢してやるしか無いと諦めて、まあ何とか3枚穴開けをしました。

今までの電源

今までの電源です

リニューアル電源

今度リニューアルした電源です。表面が白いのは、保護用のシートが貼ってあるのを、そのまま使ったからです。位置決めは全てポンチを打ちました。

USB外部電源

USB用外部電源です。DC5V 2A迄は出せますが、レギュレーターの放熱器を、DAC-10用に合わせてあるので、小さすぎて、実際には出せません。

これでKORGのUSB-DAC-10をそれ程違和感なく、普通に聞けるようになりました。PCを良くすれば、もっと音が良くなるのは分かっていますが、これ以上突っ込むつもりは無いので、これでこの件は終了です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/881-f426fcc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)