農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



SPスタンドの下に

12日は地区内の小学校で、朝9時半から父兄や、地区の住民、ボランティアの方を集めて、感謝会ありました。小学校で田植えから稲刈りまで(当然地区の農家が協力していますが)、小学校が管理している水田でとれた米(ヒノヒカリ)を使って、おにぎりが作られ、豚汁と一緒に、お昼にごちそうになりました。

小学校は全校児童が約80名です。各学年十数名の子供たちが通っています。どれかの学年に偏ること無く、適度に分散しているので、先生もやりやすいと思います。

それぞれの学年ごとに、テーマを決めて、学芸発表会がありました。各学年十数名ですから、全児童に出番があり、かなりの練習をしたのだと思いますが、みんな恥ずかしがらずに、大きな声で演じていましたから、良い経験になったと思います。

その後年末恒例の赤い羽根募金の集金に部落を回り、家に帰ったら注文してあった、バルサ材の板が到着していました。

タイルカーペットを外してから、つまったような音に辟易していたので、早速90mm角にカッターで裁断して、家人に手伝ってもらって、SPスタンドの下に敷きました。3カ所では無く、4カ所設置です。90mm角は丁度スタンドの柱と、同寸法です。

バルサ材はカッターで切れるほど柔らかい板です。下手に鋸を使うと曲がってしまうので、定規とカッターを使って、切った方が良いです。上にかかる荷重で、厚さを変えたら良いと思います。柔らかいので、内部損失が多く、緩衝材として使うには丁度良いので、フェルトと同じように時々使っています。

敷いたバルサ材

厚さ5mmですからこんなものです。ソノリテだと約8mmですから、これよりもう少し高くなります。

全体写真

全体だとこんな感じになります。

早速音を出してみました。最初は板がふわふわですから、少し響きすぎと感じましたが、暫く経つと音が落ち着いてきました。十分落ち着くには数日かかると思います。

やはりスタンドのべた置きは全くダメで、少し浮かさないといけませんね。メーカー製は、金属製のスパイクが多いと思いますが、スパイクをそのままですと、アンダーボードに穴が空いてしまうので、どうしても受けを用意しないといけなくなります。

受けは同様に金属製となるので、インシュレーター全体が金属になってしまいます。私はあまり金属製のものは使いたくないので、とりあえずはバルサ材の板、手に入れば革製のソノリテに変えたいと思っています。

ソノリテは1個で50kg、4個使うので全部でMAX200kg迄の荷重に耐えられます。私の場合は全部で80kgですから、十分に安全圏内です。全部で8個使うので、マッチドペアーで8個手に入れば、設置します。

スーパーツイーター

スーパーツイーターとの隙間が狭くなってしまったので、スーパーツイーターからの放射波が、エンクロージャーに当たって干渉しています。もう少し上げないといけないのですが、ソノリテが来てから調整したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/879-5c1a1f7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)