農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



タイルカーペットを外した結果

SPスタンドとアンダーボードの間の、タイルカーペットを外した結果の後編です。

音の曖昧さは無くなったものの、今度は見事に音が響かなくなりました。音がぺったんこになり、膨らみが無くなりました。私が普段聞いている、SPから見たら右側のSPから更に右に外れた位置の机の前で、今まで聞こえていた左のSPの音が、全く聞こえなくなりました。

またベースの胴鳴り見事に無くなりました。ほとんど予想されたとおりです。やはりSPスタンドと、アンダーボードの自由振動が、SP等の自重で抑えられた結果です。再び自由振動させないとダメなので、SPスタンドと、アンダーボードの間に、何かインシュレーターを入れないといけません。

今までと同じタイルカーペットでは、元に戻るだけなので、別の素材と言うことで、SPスタンドの柱部分の下に、バルサ材の90mm角で厚さ5mmの板を挟んでみることにしました。バルサ材を選んだのは、コルクだと柔らかすぎること、桐だと硬すぎると思ったからです。

未だ板を発注したばかりなので、取り付けはこれからです。これがダメならイルンゴオーディオの、ソノリテを使わざるを得なくなります。ソノリテを使えば、自分的にはほぼ完璧ですが、これのセッティングは実にシビアで、実力を発揮させようとしたら、仕方の無いこととはいえ、誠に面倒なので、もっとルーズに出来る、バルサ材の板を先に試してみることにしました。

予想されたこととはいえ、やはりオーディオはシビアですね・・・やっぱり最後はソノリテに行き着くか・・・・
SPが軽ければ、なんてことも無い作業なのですが、歳を取ると47kgはやはり重くて、出来れば触らぬ神にたたり無し、をやりたいのですけどねぇ・・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/876-3a91bc3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)