農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



SP周辺の改良

我が家のメインSPである、パイオニア製EXCLUSIVE2251、山口に帰ってから、ほとんど変更していなかった、セッティングをついに変えることにしました。

埼玉にいた当時から、SPの振動対策として、SPとイルンゴ製のスタンドとの間には、同じイルンゴ製のソノリテという、革で出来たインシュレーターを挟んであります。

スタンドと、アンダーボードの間には、タイルカーペットを敷いてあります。アンダーボードと床との間にも、タイルカーペットが敷いてあります。

埼玉時代は、高層建築の集合住宅でしたから、防振対策は必須で、カーペットを外すことは出来ませんでした。山口に帰ってからは、部屋を作ったばかりで、時間とともに音がどんどん変化していくので、慣れの問題もあるし、音がかなりとんがっていたので、中々外すわけにはいきませんでした。

しかしここへ来て、DSもアップグレードし、音の変化も落ち着いてきたこともあるし、あちこち細かい手直しをしていった関係で、かなり音もこなれてきたように思いました。そこで思い切って、カーペットを外すことにしました。

スタンドも入れたら総重量は80kg近くなるので、移動を一人でやるとなると、中々大変ではあります。移動はスタンドにSPを置いたままやります。SPの結線だけを外します。

さてカーペットを外すに当たって、置いたらどうなるか、最初にアンダーボード直に床の上に置いてみました。そうしたらやはり床板が、完全にはフラットではないので、ガタがでました。これでは使えないので、床とアンダーボードの間には、カーペットを挟むことにしました。

カーペットはSPの位置はもう決まっているので、アンダーボードの大きさに合わせてカットし、横に広げることは止めました。

スタンドとアンダーボードの間のカーペットを外してセットし、ケーブルを結線して、いよいよ音出しです。

カーペットを外した図

カーペット外したSPユニットです。音が落ち着くには数日かかると思いますが、最初に心配した、音が尖る、床の反射が酷くなる、振動がオーディオ機器に伝わる、等は今のところ出ていないようです。

ライブアルバムの臨場感が、大分アップしたように感じられます。もう一つは演奏者が、前に一歩出てきたように聞こえることです。期待したように、良くなってくれれば良いのですが。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/875-b9f42848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)