農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



LP洗浄機

LINN KLIMAX DS用のリモコン用に、今までは一番初期の頃の購入したipadを使っていました。何度かWAVデータを入れ替える度に、画像データが大きくなり、ここ最近では余りに動きが遅くなり、ストレスがかなり溜まる様な状態になっていました。

次にどうしようかいろいろ考えていましたが、先日オフ会でamabukidさんに、ipadmini3を持ってきていただき、試してみたところ、あまりの動きの速さの違いに、ついに決心することにしました。

購入したのはipadmini4です。早速いくつかアプリをダウンロード、インストールしてみました。

その中で、LINNのDSコントロールアプリ、キンスキーは度々フリースして、mini4では使えないことが分かりました。キンスキーのアップデートは終了したと言うことなので、今はKAZOOを入れて使っています。慣れてしまえばそれほど違和感はありませんが、各アルバムから、1曲ずつピックアップして再生するやり方が、どうもやりにくくて仕方がありません。

今までは、再生しながらどんどん付け足していけましたが、KAZOOはうまくいかないのですね。仕方が無いので、1曲ずつ再生しています。

さて同じようにダウンロードしたアプリの中で、騒音計(無料版)とスペクトラムアナライザー(有料版)があります。スペアナは¥960と非常に安いアプリですが、ものすごく良く出来ています。スペアナを測定器として購入したら、¥960ではジャンク品も買えません。

早速先日購入した、KLAUDIOのLP洗浄機を測定してみました。測定位置は洗浄機の背面から、80cm程度の位置です。洗浄機はテーブルの上に置いてあります。テーブルは集成材の1枚板で、合板による太鼓構造ではありません。テーブルの上は、合成繊維のクロスと、透明のビニールシートがかけてあります。反射は比較的少ないと思います。

超音波洗浄中スペアナ

超音波洗浄中の騒音です。見事に16khzと20khzにピークが出ています。これ以上あったとしても、私の耳には聞こえていないので、何の問題もありません。

超音波洗浄中騒音計

騒音計の値です。大体平均して85db程度の音量です。耳につくのはスペアナにもあるように、200hzから2khzにあるピークです。騒音計の周波数特性が分からないので、85dbの騒音値が、どの周波数帯域かは分かりません。

音質はザーというピンクノイズなので、かなりうるさいと感じます。普段はうるさくても部屋の中で使っていますが、オフ会の時はさすがに部屋の外に出さないと、使えないです。

その下にある80hzと100hzの二つの山は、機械の中を流れる、洗浄液の音です。

乾燥中騒音計

乾燥中の音です。ほとんど送風ファンによる、空気の流れる音です。どちらかというとホワイトノイズですね。大体平均して80db程度です。

乾燥中スペアナ

乾燥中のスペアナです。やはりピークが250hzから8khz迄あります。

両方とも人間の耳が一番感度の高い部分に、スペクトラムが集中しているので、非常にうるさいと感じます。やっぱり防音箱は必要でしょうね。

洗浄液の交換頻度ですが、洗浄でLPに付いてきて、乾燥工程で蒸発する分が結構多く、しばらく洗浄を続けると、洗浄液が下限になって、乾燥機が動かなくなります。その時が交換のやり時で、中の水を全部捨てて、全入れ替えするのが一番良さそうです。洗浄水はイオン交換した水なので、基本絶縁体です。

完全にイオンを抜いてあるわけでは無いでしょうから、静電気は落ちていますが、一応念のために水を入れるに、純銅のたわしで少し銅イオンを溶かしています(時間が短いので、単に思い込みだけかも)。

KLIMAX DSのリッピングデータが、WAVのTAG無しにになり、DSがぶっちぎりになったかと思っていましたが、何もしていないLP12も同じようになって、結局どちらも同じになりました。もしかしたら何も変わっていなかったりして、単に私の独り合点だけなのかもわかりません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/866-39814544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)