農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



何が原因で駄目だったのか

インターネット・エクプローラー上で、仮名漢字変換出来なくなった理由が分かりました。あるセキュリティーソフトを、アップデートしたらなったのですが、どんなソフトだったのかは、ここでは書けません。

有料で販売されているソフトでは無いので、ご安心ください。またそのソフトは、アップデートしない限り問題は起こりません。

LINNのKLIMAX DSが/2から/3にアップグレードが、発表されましたね。なんと言っても、今回の最大の目玉は心臓部分のDACが変更されたことです。それに伴って、回路基板も大きく変更されています。

9月25日サウンドクリエイトで、発表会が催されました。聞きに行かれた方の話から想像と、過去のLINNのアップグレードを経験してきた事からすると、基本的な音が変わったと言うことは、無いと思います。LINNが突然、GOLD MUNDになるなんて事はありえません。

進化の仕方としては、以前私がLP12のトーンアームを、AKITOからEKOS SEに変えたときのように、音の無い部分の空間表現が、ものすごく良くなった。つまりトーンアームパイプの材質が、アルミからチタンに変わったことで、不要な振動が減ったこと、アームの支点部分が、一体加工品に変わったことで、剛性が飛躍的に上がったことで、S/Nが良くなり、音の雑味が驚異的に減ったことが、理由だろうと思います。

今回DSに搭載されたチップは、旭化成エレクトロニクス製の、フラグシップチップである、”VERITA”AK4497EQです。PCMは32bit 768khz、DSD512(22.4mhz)に対応しています。

LINNはDSDはやらないので、DACはDSDに対応していますが、出力はPCMだけです。DSDに対応させるのは、ソフトの問題だけですから、何で対応させないのか、この辺は疑問に思っています。

QNAPのNASは、トンキー・メディアはPCMしか対応していませんが、minimserverはDSDでも出力が出来ます。但しTAGは拾えないと思いますので、ソフトはFolder管理になると思いますが、DSDでは使ったことが無いので、分かりません。

DACのS/Nが良くなったことと、THDが減ったことで、やはり音の無い空間部分の表現力が、大幅に上がったそうです。音の雑味が大きく減ったことで、音の純度や、浸透力が上がったものと思われます。

聞いたら欲しくなるでしょうね。幸いなことに中国地方から西では、デモ予定は無いそうですし、通常置いてある店もありませんから、どうしても聞きたい方は、とりあえずは東京まで行くしかなさそうです。今回の発表はKLIMAX DSとDSMだけです。

今回はKLIMAX DSが初めて発売されて、10年目にして最大のモデルチェンジになります。今回のDACを採用するに当たり、延べで10個のDACを比較したそうです。

LINNは全て表面実装多層基板ですから、基板設計を多分何十種類もやったのでしょうね。前回のDS/2から僅か1年での発表ですから、随分と短時間にやったなという感じがしています。それとも、もっと前から検討していたのかも分かりません。

ところでDS/2はdbpoweramp ver16.1、wavによるtag無しリッピングが全て終わり、サムソンの850PRO、SSDでの再生で、やっと真価を発揮してきたようです。850PROの2TBは中々価格が下がってきませんが、850EVOの1TBはかなり価格がこなれてきたようです。

コストを抑えたい方は、元ソニーの社員だった、カナイマルさんという方が、ブログでwesterdigitalのgreen(今は機種の変更でblueになっています)のHDDが良いと書かれています。

音の良い理由は、多分ですが一般的な7200rpmではなく、5400rpmを使っているために、振動と発熱が少ないからでは無いかと思います。下手なSSDよりは音が良いそうです。多分多層プラッターより、シングルプラッターの方が良いのでは、と思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント

こんばんは

今日、インターナショナル オーディオショウに行きました。

Linn Japanは、クライマックスDSの旧型と新型の両者を
蓋を開けた状態で展示。
新型のプリント基板のボコボコ?は、振動対策として凸を
つけたのだそうです。 基盤の色が変わっています。
これは質問しませんでしたが、誘電率の違う基盤を使い、
インピーダンスダンスマッチングを行ったのかも、普通は
テフロン基盤を使うのですが、不明です。

クライマックスまでアップグレードするか、アキュレートの
新型を待ってから決めます。

Linn以外の全体的な印象ですが、真空管アンプが
増えています。 

去年は時間が合わなくて聞き逃した、ヴォクサティヴ
http://www.arkgioia.com/voxativ/index.html
直ぐには判断できませんが、印象に残りました。

TADの新しいスピーカーのデモがありました。
こちらはコアなファンが聴いていて、気楽に質問できない
雰囲気でもあります。 日産のGTRのようです。
[2016/09/30 21:26] URL | シュタインメッツ #/zGwP9cg [ 編集 ]

シュタインメッツさん今晩は。

インターナショナル・オーディオショーの報告ありがとうございます。
今度の新型DS、良く検討されているようですね。

DS/2もこちらでは、ちらっと見程度のデモしかありませんでしたから、
視聴して買うかどうかを判断するのは、無理ですね。

TADはスカイラインンGTRですか、余りファン層がとんがってしまうと
数を売るというのが、難しくなるでしょうね。

ヴォクサティブのHP見させていただきました。
アンプといい、SPユニットといい、よく考えられたシステムですね。
値段は書いてありませんでしたが、多分両方で数百万は下らないと思います。

設計した人がベンツ出身ですから、価格を言う人は購買対象では無いのかも
分かりませんね。

やることが徹底していて、中途半端で無いところが見事です。
しかし木工加工技術は、昔のJBLのハークネス等の方が素晴らしいです。
[2016/09/30 22:23] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/865-6574e7e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)