農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ダイアナ・クラールのアルバム紹介

前回に引き続き、WOOさんのブログで紹介された、ダイアナ・クラールのアルバムを紹介します。今回のレーベルはImpulseになっています。180g重量盤2枚組です。

love scenes

最初のアルバムは”Love Scenes”です。アルバムジャケットを見たときは、Pops系かなと思ったのですが、豈図らんやしっかりJAZZしています。

このアルバムもやはり夜聞く音楽ですね。昼間の明るい内は、中々しっくりきません。最もジャズ喫茶によっては、外の明かりが入ってこないところもあるので、時間は問わないかも分かりません。

このアルバムのウッド・ベースは、クリスチャン・マクブライドです。ピアノは勿論、ダイアナ・クラールの弾き語りです。後はギターが1本だけです。売れるようになれば、当然アルバムジャケットの写真は、プロの手になるので、写りが全く違いますね。アマチュアとプロの溝は果てしも無く深いと言うことでしょう。

もう一枚は”All for You”です。

all for you

こちらも180g重量盤2枚組です。アルバムジャケットは、更に洗練された感じです。写っているピアノは、分かる人が見れば、直ぐに分かるのでしょうが、私には分かりません。音で判断するなら、スタインウェイの様な気がします。

ところでアナログを調整するとき、トーンアームの調整項目に、インサイド・フォース・キャンセラーがあります。これはリニア・トラッキング・アームであれば、ほとんど生ずることの無い力です。

トーンアームは基本ある支点を中心に、円弧を描いて動きます。そうするとカートリッジの針先は、溝に対して常に同じ方向は向きません。しかも溝に対しては、常に摩擦抵抗を受けています。その為に針先には、接線方向に対して、常に内側に向かって、力を受けることになります。これがインサイドフォースと言われるものです。

ある方がインターネット上にご意見を書かれていて、インサイドフォースは、針先が受ける力であって、トーンアームが受ける力では無いという事です。ですから、正確にインサイドフォースをキャンセルするためには、針先にキャンセラー機構を付けなければ、意味が無いと言う事ですね。

しかしそんなことは出来ないので、だったらどうするのか。トーンアームに力を加えると、カートリッジのカンチレバーを、ゴムダンパーを支点にして、曲げる方向に力が掛かります。考えてみれば良いわけが無く、つまり一般的に針圧分の、インサイドフォースキャンセラーをかけることになっていますが、これではどうもかけ過ぎなのでは、と言う事で最初は0にしてみました。

ところがこれでは、最外周の無音部分で、針が内側に流れてしまうので、今まで1.6gかけていたものを、0.5gにしてみました。何グラムが良いのかは、目安も無いので全くのカット・アンド・トライで決めるしかないでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽


コメント

こんばんは

電柱を建てるという記事がありました。
http://jp.wsj.com/articles/SB10191232058230093692804582254253646088474

これは面白そうです。
[2016/08/25 22:06] URL | シュタインメッツ #/zGwP9cg [ 編集 ]

シュタインメッツさん今晩は。

マイ電柱については、既に中国電力と交渉しましたが
基本料金が1ヶ月1万だというので、止めました。
たかが10万の柱上トランスを設置するのに、何故月に1万も
払わなければいけないのか。

電力料金は安くならなくても良いけど、電力会社を
選べるようになったので、マイトランスが出来る会社があったら
即乗り換えたいですね。
[2016/08/25 22:28] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]

トランスなどの部品は掛からないですが、
工事費もかかりますね。

基本料が別に取られるとは、知りませんでした。
[2016/08/26 21:01] URL | シュタインメッツ #/zGwP9cg [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/08/26 21:13] | # [ 編集 ]

シュタインメッツさん今晩は。

工事は自分で工事会社に頼むので、全て自前です。
トランスは電力会社持ちの筈ですが、電力会社により
対応が違うかも分かりません。

基本料金も電力会社により違うので、これも確認した方が
良いと思います。
[2016/08/26 22:04] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]

今は各家庭で使っている家電製品の大半が、省エネのため
インバーターをふんだんに使っています。
おまけに、太陽電池パネルを使って、電力会社に売電する設備は
ノイズ発生器です。

それらが同じトランスから入って来るわけですから、トランスを
専用にする価値は充分にあると思います。

自宅の配線も、我が家は自分用と、母家用ではトランスからの
引き込みが違います。
同じ家の中でも、専用ブレーカーから、オーディオ用に別配線
するだけで、効果がはっきり分かります。

実験で試したい方は、AC100Vであれば、エアコン用のコンセント
から引き込んでみられたら良いでしょう。

コストを無視すれば、専用のキュービクルを用意して
高圧受電すれば、もっと良いかも分かりません。
しかし最後は、やはり住んでいる環境によると思います。
[2016/08/26 22:20] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]

天井も並行面の無い、オーディオ専用の建物を作られ
ているので、マイ電柱のことも検討されていると思いました。 
色々と検討されています。

自宅のオーディオ用配線は、建てるときにブレーカーから
分けてあり、AC200Vを使用しています。
それだけでも恵まれていると思っております。

[2016/08/27 13:11] URL | シュタインメッツ #/zGwP9cg [ 編集 ]

シュタインメッツさん今晩は。

電源は後付けで何かしようとすると、工事代が結構掛かります。
家を建てられたときから、計画して、最初から配線しておけば
失敗することはほとんど無いので、良かったですね。

私は建てたときから、電源をどうするか、計画は立てていたのですが
実際に工事が始まってから、あれこれ変更したので、無駄な工事代が
かなり発生してしまいました。

結果オーライにはなりましたが、もっと慎重に計画するべきでした。

マイトランス、未だ全く諦めたわけではありません。チャンスがあれば
再チャレンジするつもりです。
[2016/08/27 21:12] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/861-16bfc786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)