FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



マイソニックラボ エミネントが戻って来ました

私のメインカートリッジは、マイソニックラボのエミネントです。LP12 SE+RADOKALバージョンでは何と言ってもウルトラエミネントBCが常備品でした。

しかし引っ越しに伴って解体したLP12の組み立て時の失敗で、RADIKALを修理に出してからは、とんとご無沙汰をしていました。しかしLP12本体を戻してもらい、香港製の電源を購入してBCの再生をやろうとしたところで、BCのカンチレバーを再度ぶち切ってしまい、再度修理に出しました。

その時ついでに針が寿命になっていたエミネントも一緒に送り、ついでにカンチレバーもアルミからボロンにやり替えました。それらがやっと3月12日に戻って来たので、早速音出しをすることにしました。

マイソニックラボ

トーンアームはEKOS SEではなく、載せ替えたオルトフォンになるので、ついでにマイソニック製のシェルリード線も購入しました。写真の一番右側、型式はMR-1Rh、同じメーカーですから、相性の問題は出ないだろうという判断です。

写真の左側がタダのエミネント、真ん中がウルトラエミネントBCです。カンチレバーとチップを交換して頂いたのは、埼玉県川越市にある武蔵野ハイファイレコードラボという会社です。交換費用はメーカーによって違うので、見積もり依頼をされたら良いでしょう。

BCは当然EKOS SE専用で使いますから、今回のセットアップからは外れます。

オルトフォンのRS212Dは兎に角重くないと使えないので、手持ちの一番重いシェルのSAEC製セラミックシェルにセットしました。

エミネント無対策品

最初にセットした状態です。しかし問題が出ました、カートリッジの高さがシュアーに比べて低いのです。その為にアームが前下がりになります。またもっと重大な問題が出ました。カートリッジをシェルに固定するとき、ネジがカートリッジと、シェルの2カ所に切ってあることです。

その為にカートリッジをシェルに完全に固定出来ません。仕方が無いのでカートリッジとシェルの間に何かスペーサーを挟むことにしました。鉛とゴムは音が鈍くなるので絶対に不可。散々考えて間にバルサ材を挟むことにしました。

エミネント臨時対策

何か対策を考える前の臨時対策品です。最終的にはアルミの削り出しの部品を加工屋さんにお願いして作ってもらう予定です。当然設計は自分でやらないといけません。

最初はいつものように寝ぼけた音から始まり、次はセピアカラー、段々お目覚めになるに従って、今までとバランスが変わっていることに気がつきました。つまりサービスと言うことで、マグネットの再着磁をやって頂いたのです。

こうなったらいよいよフォノイコライザーの設定値の変更が必要になりました。色々試してみて取り敢えずはこれで聞き続けようという値を探し出しました。

段々音がこなれてくるに従って、ボロンカンチに変えた効果が覿面に出てきました。レコードの回転が早くなったのかと錯覚するほど、音の反応が早くなったのです。未だBCを聞いていないのですが、もしかしたら相当肉薄しているかも分かりません。

ノーマルのエミネントと、BCの違いは、今はボディー材質がアルミと、燐青銅、内部抵抗が高いか低いかの違いだけです。

ロック盤、特にサンタナは余り録音が良くないのですが、正に・・・エッ、ウッソ、ホントカヨ、ってな具合に、色々と改めて見直しています。RS212Dに載せ替えたシュアーも素晴らしかったのですが、やはり格の違いを見せつけてくれました。

これで対策が完了したらどうなるでしょうか。楽しみは続きます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ機器 - ジャンル:音楽


コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/10/15 19:21] | # [ 編集 ]

シュタインさん今晩は。
今は昔と違って、カートリッジの比較試聴をさせてもらえるお店は
ほとんど無くなりました。
オーディオ店主催の試聴会で、アナログを使った試聴会があったときは
必ず聴きに行っていました。
マイソニックのエミネントは、代表の松平さんが試聴会で開発経緯を
説明されたので、内容は十分に把握していましたが、実際には自分で
プレーヤーに装着して、音を出さない限り分かりません。

アナログは調整が全てで、これでまるで別物な位音が変わります。
ですから正直なところ比較試聴は、ほとんど役に立ちません。
ある程度のレベルのカートリッジを使われたら、後は調整次第です。
[2013/10/15 21:05] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/10/16 07:46] | # [ 編集 ]

シュタインメッツさん、お早うございます。コメント有り難うございます。

松平さんには会いました。発売に至ったのは、hiµコアが見つかったからだそうで
エミネントが他のカートリッジと違う、最大の特徴です。
素材だとか、物理特性だとか、構造だとか、開発して売る立場の人は、当然特徴を
言うのは当たり前です。

しかし使う立場としては、そんなことはどうでも良くて、レコードを書けた結果
どんな音楽を奏でるかが、全てですから、ユーザーがメーカーの尻馬に乗る
必要は無いと思います。
[2013/10/16 09:01] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]

フォノカートリッジの世界は、現在、ブランド名は違っても殆ど95%のMCはオルトフォンSPU形式(構造)の家庭鑑賞用MCですが、それらとは全く異なるSX68カッティングマシン逆プロフェッショナル構造の武蔵野フォン「明鏡・みょうきょう」MCで採録したデモCD/Rを郵送いたしますので、ぜひお聴きください。


http://cinecolling.ocnk.net/news-detail/960
[2018/01/26 03:27] URL | 武蔵野フォン #4L7CUXXE [ 編集 ]

武蔵野フォンさん、コメント頂き有り難うございます。

元々このプレーヤーはモノラル専用で、使うつもりで作りました。
この記事は当時モノラルカートリッジ専用にする前に、どんな音になるか色々試すために
実験的にやっていたことを書いたものです。

現在はテクニカのAT33monoというカートリッジを付けて使っています。

ご提案頂いた件ですが、送って頂いても今の使い方とはマッチしないので
無駄になると思います。

ご提案有り難うございました。
[2018/01/26 05:31] URL | 山田野案山子 #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/82-6372ed72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)