FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



アナログとデジタルの電源分離

TS-228のNASの電源を、バッテリーから給電すると、3端子レギュレーターが不安定になって、NASが起動出来ないという問題から、TS-228のみAC電源のまま使っていました。

NASはバッテリー駆動と、AC電源駆動では、それ程違いが出なくて、無理してまでバッテリー駆動に拘ることも無いと思っていました。しかしそれでは当初の目的だった、急な停電には対処出来ないので、何とかしたいとはずっと思っていました。

そこで3端子レギュレーターの特性を調べている内に、最初使っていたLM338Tが定格5Aだったことを思い出して、試しに使って見ることにしました。

早速今まで使っていたLM350Tの回路を全て外して、以前使っていたLM338Tの基板に載せ替えました。そしたら何の問題も無く、スッと起動出来たではありませんか。350Tが3Aで、338Tが5Aですから、半導体の定格は、やはり重要です。

バッテリーの消費はかなり増えましたが、バッテリーを2台体制にしたので、充電回数が増えても、充電時間を気にする必要は無くなりました。

さてこれでLINNのDS以外は、NAS、HUB、ルーターと、デジタル系電源と、オーディオ系電源は、完全に切り離されました。LINNの機器は全く心配していないので、これでデジタル音源と、オーディオ系はLANケーブル1本で、テレガートナーのHUB経由で接続されるだけになります。

またオーディオ系と、デジタル系のアースも、ループは完全に遮断されました。これで一番変わったのは、アナログの再生です。今まで色々やっても、喉の奥に引っかかった、魚の骨が取れなかったのですが、やっと解消されたかなと思います。やはり中途半端はダメですね。

デジタルとアナログの壁も、取りあえずは余り感じなくなりました。しかしこれはまた、時間とともに変わってくるので、今後のことは分かりません。

オーディオは本当にエンドレスな趣味です。今の音に暫くは満足しているでしょうが、数日後にはまた何処か粗探しをしてると思います。でも今のシステム、私が死んだ後は誰にも触れないでしょうね。何がどうなっているのか、ワケワカメになると思います。粗大ゴミまっしぐらです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/1030-0b154764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)