FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



リチウムイオン電池

HDDを内蔵させたNAS(TS-228)が何故バッテリー駆動だとダメなのか、前回のブログを書いた後読み返していたら、結局自分で答えを見つけていたことに、ハタと気がつきました。つまり入力電圧が問題なのです。

使用してる3端子レギュレーター(LM350)は、定格電流が3Aなのですが、どうも入出力電圧差が大きいと、流せる電流値に制限があるようなのです。普通は消費電力(入出力電圧差x流れる電流値)分による発熱量と、放熱量をバランスさせたところが、限界値なのですが、どうもレギュレーターが安定して、低電圧を維持出来る電流量は、入出力電圧差に影響されるようなのです。

バッテリーの出力電圧値は、セルの電圧の合算値なので、本来はセルの電圧x組み合わせのセルの個数で決まるのですが、市場に出すとき、一般的な鉛電池の電圧に合わせてだすので、こちらが思うような電圧のバッテリーは、得ることが出来ません。

ですから特注電圧のバッテリーの製造を受けてもらえるメーカーが出てくるか、電圧差が大きくても、流せる電流の多い3端子レギュレーター(当然低ノイズで無いと使えない)が出てくるか、どちらも数が見込めないと作れない話ですから、多分ほぼ絶望的だと思います。

1台のNASの電源をバッテリーから取るようにして、2日間使いましたが、やはり電池の減りがもの凄く早くなりました。多分4~5日間で充電しないとダメなようです。充電は太陽光発電電力が余る天気の良い日にやらないと、余計な電気代が発生するし、エコにもならないのですが、充電が完了するまで暫くは使えない時間が出来てしまいました。

これがバッテリー駆動の最大のネックなので、充電出来るまでの間の補間用にもう1個買うか、その間はアナログだけにするか、ちょっと迷っています。充電時間は6時間位でしょうか、今検証中です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/1024-4814169e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)