FC2ブログ
農業と趣味のオーディオ
趣味はオーディオで、主に1950年~70年代を中心にジャズ、クラシックを主に聞いています。 退職後は故郷に戻り、部落の農業法人に入り、農業をすることになりました。その悪戦苦闘記も一緒にアップします。

プロフィール

山田野案山子

Author:山田野案山子
農業とオーディオのブログへようこそ。
10代の時、AMラジオから聞こえてきた、フォーシーズンズや、ライチャス・ブラザースにあこがれ、その後はベンチャーズやビートルズ、サンタナとロックに填りました。

その後某オーディオ店の店長から、カウント・ベイシーのビッグバンドを大音量で聞かせていただき、すっかりジャズに填りました。

その後一関のジャズ喫茶「ベイシー」での、私にとって衝撃的音との出会いがあり、今までの私の経験不足の音をすっかりたたきのめされてしまいました。

その後は、自分の音を確立すべく経験と努力を重ねてきました。そして最後の大仕事を完成させる、自分専用のオーディオ部屋を建てました。

私の拘りは打楽器と低音楽器の再生です。特に打楽器のスピードと、エネルギーをどうやったら等身大に味わえるか・・・言うは易し行うは難し。

今まで関東にいたときは集合住宅で、外部との接点は仕事だけと言う環境でしたが、山口に帰ってからは、自分が住んでいる地域の環境と、自然を維持するために、地域の方たちと協力して、農業に励もうと思っています。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



バッテリー電源と、3端子レギュレーター

バッテリー電源を使うために、今までのAC電源用3端子レギュレーターを改造するべく、いくつか部品を注文していました。それらの部品が着いたので、早速組み込み改造を実施したのですが、これが見事に大外れでした。

大外れと分かったのは、実は部品が着く前に、前のブログで書いたように、コンデンサ回路入れると、コンデンサへの充電電流で、過電流が流れて、バッテリー側の保護回路が働くから、コンデンサ回路を外して音を出していました。

実はこの時の音は、今までのAC電源とは違って、音がダイレクトに出ている感じがしていたのですが、この感じを他の表現だとどう表現して良いのか、分からなかったのです。

音の反応が良くなって、音の出始めはスッと何の抵抗もなく音が出てくるし、引くときも実に爽やかに音が引くと言ったら良いのでしょうか。今までのAC電源では出ていなかった音の出方なのですね。

そして部品が着いたので、今度は3端子レギュレーターの1次側と、2次側に電解コンデンサを入れてみることにしました。当然サージ電流を防ぐために10Ωの、無誘導型の巻き線抵抗器を入れました。

そして早速どんな音になるかと、興味津々で聞いてみたら、何と音がまったりと、死んでしまったのです。今まで出ていたダイレクト感は全く無くなっています。

NASはSSDを使っている方は、何とかギリギリで起動出来て、音が出せるようになったのですが、HDDの方は全くダメで、起動も出来ませんでした。やはりサージ電流防止のための抵抗器が、ダメなようです。

バッテリー電源を使って、3端子レギュレーターで、定電圧回路を組む場合は、コンデンサを使うのは良くないようです。レギュレーター回路に必要な、10μF以下のコンデンサは、ほとんど影響しませんが、1000μF以上のコンデンサは、使わない方が良いです。

デジタル回路は、かなり電流変動が激しく、3端子レギュレーターのレスポンスを要求するようです。コンデンサを使わないので尚更です。

HDDを使っているTS228の方は、バッテリーでは全く起動すら出来ません。特に起動時はかなりの電流が流れるようです。しかし3端子レギュレーターは同じものを使っていて、何故バッテリーでは起動出来なくて、トランスを使ったAC電源では起動出来るのか、理由は未だ解明出来ていません。

3端子レギュレーターの1次側の電圧は、バッテリーの方がDC26V、AC電源の方はDC17V位ですから、電圧の問題ではありませんし、バッテリーの放電電流は1C(1000w相当)ですから、問題にならないはずなのですが、良く分かりません。

これでTS228を除いたデジタル機器(LINNのDSは除く)は、全てAC回路から分離独立させました。TS228を今後どうするか、検討課題は続きます。

農業の方は、餅米の刈り取りと籾摺りは全て終了しました。ヒノヒカリの刈り取りも約2町3反が終了し、残りが1町3反です。最悪でも後3日もあれば終了します。14日は共同作業で、公共地の草刈りがあるので、この日は籾摺りだけで、刈り取りはありません。少しの間は天気が続くので、このまま無事に今年の水田作業は終了出来そうです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://audiofan2013.blog.fc2.com/tb.php/1023-d8aa32fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)